桜美林大学教授で、子どもへのタッチング等の研究の第一人者 山口 創氏 協会顧問に就任頂きました。

2017年3月9日

桜美林大学教授で、子どもへのタッチング等の研究の第一人者
山口 創氏 協会顧問に就任頂きました。

 

桜美林大学教授・臨床発達心理士、
子どもに触れることの影響や、タッチングの質についての研究の第一人者の山口 創さんが、
キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会顧問に就任いたしました。

 

山口 創氏と協会の活動の理念が合致し、
互いに協力し合える関係であることから今回の運びとなりました。

 

 

協会顧問に就任するにあたってのコメント

 

「コンディショニングはもちろん大切ですが、

私は親子の触れ合いに興味があります。

 

身体が強張ったり不調があると、心も頑なになって反抗的になったり、

やる気がなくなったりするでしょう。

そんな時、コンディショニングで全身の筋肉をほぐしてあげることで、

親子関係がどのように変化したのか、子どもの心と体にどんな変化が生じたのか、

心理学や生理学の観点から検討できたらと思っています。

 

親子の触れ合いが少なくなった現代という時代に、

コンディショニングを通じて触れ合いの大切さを世の中に届けるPR活動などもやっていきたいです。」

 

 

http://www.kj-spocon.or.jp/athlete/tani/

 

yamaguchi

 

LINEで送る
yamaguchi

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

この記事を書いた人: 事務局

スポーツをがんばるキッズ&ジュニアを応援しています1 皆さんに、コンディショニングの大切さやケアの方法、栄養などの役立つ内容をお届けしていきます(^_^)v

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684