これからUSオープンに挑戦します(※2014年8月取材時)。できることはすべてやりました。あとは体調だけうまく合わせていけたらいいという感じですね。目指すところは、とりあえず本戦出場。予選突破することを目標にしています。身体の調子って、一日一日全然違います。朝その日の体調を確認して、自分に無理のないように身体と相談しながらトレーニングをしています。私自身ケガをして分かったことがとても多いんです。「このぐらいまですると、だんだん疲れてきて、ここが痛くなる」とか。今はケガをする前に自分でストップをかけられるようになりましたね。ただ、昔はそれが分からずにケガをしていました。小さい頃にケガをして、テニスができなかったことがすごく悲しかったんです。「練習に行きたい、行きたい」と言ってばかり。お父さんやお母さんが「やめておけ」と言って止めてくれたこともあって、後遺症もあまりなくて済んだんです。
 
子どものころは練習前の準備体操、練習後のストレッチは長めの時間を取ってやっていましたね。お風呂上がりにストレッチした後に、両親にマッサージもしてもらっていました。みなさんに大事にしてもらいたいのは、痛くなった無理せずすぐにやめること。今思うのは、私自身小さな時から、もっと自分の身体やコンディショニングがしっかりしていたらもっと変わっていたかなと。小さな頃からの積み重ねがやっぱり大事だと思うので。競技生活を長く続けたければ、より重点的にやったほうがいいと思います。ぜひお子さんをお持ちのご両親には、食事の面でバランスのいい食事をつくってあげてほしいですね。身体に入ってくるものですし、とても大切だと思います。

テニスプレイヤー

今西 美晴 選手

Miharu Imanishi

全国高校選抜大会シングルス優勝、全日本ジュニア18才以下シングルス・ダブルス3位。高校卒業後、島津製作所に入社。2013年にプロに転向し、同年6月、ブハラ国際大会シングルス優勝、全日本選手権シングルス準優勝・ミックスダブルス優勝を果たす。日本女子テニス界を背負って立つ逸材として注目を浴びている。

一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684