姉の試合を見て興味を持ったのがサッカーをはじめたきっかけです。大きなケガは大学4年の時。接触プレーで左ヒザの前十字じん帯を断裂しました。ただあまり落ち込むことはなく、復帰に向けてできることに全力で取り組もうと前向きでしたね。生まれ持ったものかもしれませんが、両親にもあまり怒られたこともなくて。いつも応援してくれましたし、好きなことを好きなようにやらせてくれたこともあってこんな感じに育ちました(笑)。ただこの年齢になるとアップ・ダウンの、特にダウンには重要さを感じます。けれども基本的には必要以上にマッサージをしてもらうことはないですし、本当に自分のできる範囲でストレッチ、アイスバスをしたり、後は「よく食べて、よく寝て、よく動く」それが一番かなと思っています。

スポーツをしている子どもたちへ

自分が好きでその競技をやっていると思うので、好きという気持ちは忘れないで、楽しみながら成長してほしいですし、その楽しむというのは、もしかしたら厳しい練習を乗り越えたり、わからないこと・辛いことを何か克服した時に、さらにその競技の楽しさが見えてくると思うので、自分や仲間とともに協力して成長していって、大きな夢に向かってほしいですね。

子どもたちを支えるご両親へ

子どものうちは筋肉も発達していないので、そんなに考え過ぎることは必要ないかもしれません。食べる、寝る、動くという環境づくりが自然と良いコンディション作りにつながっていくと思います。やはりお子さんはそれを好きでやっていると思いますので、まずは一番のサポーターとしてそばで励ましてあげてほしいですし、指導については指導者の方がやってくれますので、サポーターとして居てあげてほしいと思います。

女子サッカー

川澄 奈穂美 選手

Nahomi Kawasumi

数々の決定的なゴールを挙げ、「なでしこジャパン」を2011年FIFA女子ワールドカップ優勝、2012年ロンドンオリンピック準優勝に導いた中心選手。なでしこリーグではINAC神戸レオネッサに所属し最優秀選手、ベストイレブン、得点王などに輝く。現在はアメリカ女子サッカーリーグ(NWSL)シアトル・レインFC所属

一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684