コンディショニング協会会員になりませんか?

~暑くなって食欲落ちてない??~

2022-06-26

みなさんこんにちは。
管理栄養士の喜多みのりです。

日々小学生〜プロまで選手のサポートをしています。

選手たちをみていて思うこと。

怪我の多い選手生活送って欲しくない。
頑張ってるからこそ、その選手にとっての最高のパフォーマンスを発揮できる体であってほしいと思っています。

『暑くなって食欲落ちてない??』

暑くなってきて食が細くなってきた・・・

体を大きくしたいんだけど食が細くて・・・

と言うお声よく聞きます。

そんな方にぜひ見てほしい負のスパイラルにはまらないようにするためにできること!
お伝えしたいと思います。

毎日のようにスポーツで汗を流す選手たち。

本来疲労は、しっかりと栄養を摂り、一晩眠ることで回復。しかし、栄養も睡眠も十分に摂れているのに、疲れが取れない。

朝、起きられないことがあります。その原因として考えられるのが「内臓疲労」です!

ストレスを感じだした子供へのアドバイス。 心配していることの90%は起こらないし、「後悔と反省は30分まで!!」

下記のような症状がある方は要注意です。

☑︎とにかく疲れが取れない

☑︎朝が辛くて起きられない

☑︎コーヒーやチョコレートが手放せない

☑︎ストレスがかかると無性に甘いのもが食べたくなる

☑︎夕方から元気になってくる

☑︎集中力がない

☑︎どちらかというと低血圧

☑︎アレルギー症状が出やすい

☑︎睡眠時間は十分なのに疲れが取れない

運動強度・量ともに多くをこなすアスリートにとって、内臓疲労は起こしやすい。
高強度の運動をこなすほど、体の炎症は起き、回復速度は遅くなるといわれています。

必要な時に必要な補給を行なっていないと、

練習する▶️内臓疲労▶️消化力の低下▶️食べられない▶️ますます栄養不足に▶️より疲れていく

という悪循環にはまっていくわけですね。

新学期が始まって数ヶ月が立ち、疲れも出てくる頃ではないでしょうか?さらに内臓疲労も相まって食べられなくなる。

 

これから夏本番を迎えようとしているこの時期、注意したいですね。

保護者の方は注意して観察してあげてください。

しっかり休息をとっても、朝起きられない、体がだるいというのは危険サインです。

アスリート個別栄養サポートにくる選手たちを見ていると、最初このような体を自分でいじめてる状態である選手が非常に多いです。

この状況でたくさんのご飯を詰め込むことはより悪化の一途をたどります。

特に頑張りやさんの選手ほど起こしやすい内臓疲労。。。ついつい頑張りすぎてしまうんですね💦

成長期

 

内臓疲労はホルモンの低下によりコーヒー、チョコレート、パン、アイス、スイーツ、ファーストフード、コーラ、清涼飲料水を好む傾向があります 😐

これらはさらに内臓を刺激してしまいます。例えば…「朝は時間がないからコンビニで菓子パンとカフェラテで済ませる」「夜は決まって甘いものを食べる」

なんていう方は要注意!!!3食以外に補食をしっかりとる!特に炭水化物は抜かないこと。

ただでさえ内臓疲労を起こしていると低血糖になりやすいので糖質オフにすると余計に悪循環です。

炭水化物やたんぱく質などアスリートにはおなじみの補食以外にも

ミネラル源である海藻やナッツ、果物など栄養価の高いものをとる、調味料から変える、

ミネラル補給をするというのもオススメです♪

ビタミンC補給にフルーツをこまめに取るのも良いですね。

朝昼夜、補食も含めてこまめな摂取を心がけましょう。

内臓疲労は毎日の栄養の摂り方によって、和らげることができます。

スポーツをするお子さんを持つ保護者の方は、お子さんの様子を観察し、食事を始め、不調にならない体作りをサポートしてみてはいかがでしょうか。

きっとお子様のプレーの後押しになるはずです 🙂

この時期の食事の取り方がこの夏の踏ん張り方を変えます。

共に世界一の笑顔の瞬間を作っていきましょう!!

 

 

【喜多みのりプロフィール】

プロ〜小学生のサッカー、野球、ラグビー、陸上、ゴルフ、バスケ、ボクシング、審美系競技など様々な選手を東京・大阪を中心に全国でアスリートの目標達成を栄養面からサポート。

 

背を高くしたい・身体を大きくしたい・バテにくい身体を作りたい

アスリートのパフォーマンスUPのための考え方やコツを発信しています★

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC-HXGNi0KeGs16kX_4pEMSw

 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

Avatar photo

この記事を書いた人: 喜多みのり【管理栄養士】

血液状態や内臓状態、身体の指標と栄養学、スポーツ栄養学、コーチングスキルを組み合わせ、サッカー、野球、陸上、バスケ、ラグビー、ゴルフなど様々な選手の個別栄養をサポートしています。

【これまでの経歴】
▪️2016年~パーソナルサポート
▪️イタリアセリエA(ASローマ、SSラツィオ)栄養士研修
▪️日本代表 海外遠征帯同(W 杯など)
▪️平昌五輪 栄養士活動
▪️その他本執筆など

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

06-6131-8088