「梅雨バテに負けない体づくり」 子供がスクスク育つためのお弁当レシピ

2016年7月8日

「旬」「素材」「機能」「効果」の面から、
成長期のお子さんがスクスク育つお弁当を発信する「スク弁」

 

今回は「続!梅雨バテに負けない体つくり」のお話をさせていただきます。

 

みなさんこんにちは!スク弁ママの中本 千絵です!

 

 

梅雨期間中から夏にかけて、大人もそうですが、
元々体温の高い子どもはどうしても冷たいものを欲しがりませんか??
冷たい飲み物ゴクゴク!冷たい麺ツルツル!なんてことはないでしょうか?

 

 

実は梅雨や夏は身体の芯が冷えやすくなっているのです。
夏の身体は外気温が上昇するため熱を逃がそうとして血液が体表面に集まります。
その為に体の芯自体は冷えやすくなっています。そこに冷房や冷たい飲食物で身体をどんどん冷やしてしまうと、体調を崩してしまいます。

 

 

水分補給はとても大切ですが、身体が冷えてしまうと逆にスムーズな代謝が失われ、
余分な水分を溜め込み、めまいやむくみなどに悩まされる事にも。
また芯が冷えているので胃腸も弱くなってしまいます。

 

 

身体の内部が冷えていると、めまい、身体が重い、だるい、食欲不振、関節痛、お腹を壊しやすい症状が出やすくなります。

 

 

 

そこで!今回は「むくみ」と「冷えとり」食材を沢山使っていきますよ!!

 

 

「むくみ」にはキュウリ、トウガン、枝豆などの夏野菜、わかめ、ひじきなどの海藻類が効果的です。
これらはカリウムを多く含み、利尿効果があるものが多いです。
ただし冷房ガンガンの部屋に居ることが多い方は逆に身体を冷やすので要注意です。

 

 

「冷えとり」には生姜が有効です!
生姜の芳香成分や辛味成分には新陳代謝を活発にして体温を上げたり血液の流れを良くする働きがあります。
生姜によって体が温まると冷えが改善して体全体の臓器の働きもよくなり老廃物を体外に排出しやすくします。
また強い殺菌作用や抗炎症作用があるので、風邪に負けない体つくりにも大切な食材ですね。

 

 

今日の一言
むくみにはカリウム、温めには生姜のダブルパンチを使おう!

 

 

0708

 

 


==========================
今回のスク弁メニューです
・新生姜とおあげの炊き込みご飯?カリカリ梅ちらし?
・我が家の定番玉子焼き
・豆もやしと糸こんにゃくの胡麻和え
・牛肉と糸昆布のしょうが酢炒め
・胡瓜の中華風さっぱり漬け

 

※糸昆布はどんなお料理にも主張しすぎず、良い風味を
出してくれるので私はよく使います。
子どももにも摂ってほしい食材の一つです。
このレシピなら、子ども苦手意識を持たずに食べてくれます。

 

レシピの詳細はコチラ↓
http://ameblo.jp/chie-suku/entry-12177361912.html

==========================

 

 

次回のスク弁もお楽しみに(^_^)/

LINEで送る
「梅雨バテに負けない体づくり」 子どもがスクスク育つためのお弁当レシピ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

この記事を書いた人: 事務局

スポーツをがんばるキッズ&ジュニアを応援しています1 皆さんに、コンディショニングの大切さやケアの方法、栄養などの役立つ内容をお届けしていきます(^_^)v

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684