コンディショニング協会会員になりませんか?

子供の心の成長Vol.2 「目から鱗!そうだったのか子供の行動(幼児期2~5歳)」

2015年7月1日

こんにちは。
メンタル&コミュニケーション編 担当の湯浅りえ子です。

このブログでは、子供さんや親御さんの為のメンタルやコミュニケーションについて、簡単に分かりやすく、そして日常に使えるエッセンスをお伝えしていきます。

前回は、子供の心の成長過程の大切さをお伝えしました。

▼前回の内容はコチラ
「子どもの心の成長vol.1」

————————————————————————————-

大人の目線から子供の行動を見ていると
「どうして?」と不思議になることないですか?

本日は、『幼児期』の子供の行動と、心の成長過程においての
『肯定的側面 対 否定的側面』ついてご紹介します。

(肯定的側面と否定側面については、前回の記事をご覧ください。)

 

幼児前期(2~4歳)『自律性 対 恥・疑い』

幼児後期(4~5歳)『自主性 対 罪悪感』

これらを知ることで、安心して子供のサポートをできます!

————————————————————————————-

幼児前期(2~4歳)『自律性 対 恥・疑い』

この時期、自分で何でもやってみたい時期です。

IMG_2869

口では出来ると言いますが、実際まだまだ行動と伴わず、失敗したり、恥を感じたりします。

失敗し、恥をかき、自分の能力を疑ったりしますが、これを乗り越える事によって、『自律』を得る事ができます。

この時、子供が上手くできないからといって、なんでも親が手助けをしてしまったり、規制をしすぎると子供はチャレンジして、『自律』をすることをやめてしまいます。

<例1>

子供:「チャレンジ」

子供:「できない」

親:「叱る、手伝う、チャレンジの機会を奪う」

結果⇒子供「やらない」
※自律の心を持てない

 

<例2>

子供:「チャレンジ」

子供:「できない」

親:「見守る、応援する」

結果⇒子供:「チャレンジする」
※自律の心を持つ

 

※子供の失敗や恥も必要であり、それをチャレンジすること、『自律』を手にする大切な時期です。

 

————————————————————————————-

幼児期後期(4~5歳)『自主性 対 罪悪感』

チャレンジし自分でやってみる!『自律性』を得た子供の遊びは、だんだん複雑になってきます。

何かをする時には、自分で目標を立て、それに向かう為に計画をし、達成のために行動します。

 

■こんなことないですか?

部屋中ブロックでいっぱいにし、基地をつくったり、城をつくったり、道をつくったり・・・。大人からしたら、「部屋中をちらかして!」と散らかして見えたり、いたずらに見えたり。。

…そして、怒られる子供。。。

行き過ぎた行動の場合、怒られ、子供は罪悪感を感じることもあるでしょう。
しかし、罪悪感を感じる必要も大切であり、それを超えて遊びを通して

 

目標を立てる⇒計画をする⇒行動する

※自分で考えて動く『自主性』が得られます。

 

※時には罪悪感も感じながら、『主体的』に考え動く を手にする大切な時期です。

 

————————————————————————————-

大人の目線から子供の行動を見ていると「どうして?」と不思議になることも、実は子供にとっては大切な成長過程でもあるのです。

幼児前期(2~4歳)『自律性 対 恥・疑い』

幼児期後期(4~5歳)『自主性 対 罪悪感』

 

心の成長過程においての
『肯定的側面 対 否定的側面』を知り、

安心して子供のサポートをしましょう!

 

次週は、児童期の特徴について詳しくお伝えしていきます。

 

【がんばるわが子に10分ケア】

がんばる子供たちに、ケガ故障することなくずっと大好きなスポーツを続けて欲しい。

そんな想いからつくられた「パパママトレーナー講座」。1日10分で親が子供にできる正しいケアの方法を学びます。

パパママトレーナーとは

 

子どもの心の成長Vol.2 「目から鱗!そうだったのか子供の行動(幼児期2~5歳)」

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

湯浅 りえ子

この記事を書いた人: 湯浅 りえ子

もともと、体に関わる仕事(運動指導者)をしていました。 そして、10年が経ち体だけではなく、メンタル(心)の重要性を強く感じ、 私自身大きく変わる体験をしました。 そこからコーチングの学び始が始まりました。 そして、子供から大人までを対象に「人の無限の可能性を引き出すサポート」として プロコーチを8年前からしています。また同時に、NLP(神経言語プログラミング)(心理学)を学び、 活かしたコーチングを現在しています。 NLPトレーナー&メンタルコーチ コミュニケーションセミナー講師

関連記事一覧

  • 決して過保護になることなく、 子供自身のコンディショニングへの意識・自覚が大きな目標でありたいですね。

    2018年10月11日

    決して過保護になることなく、子供自身のコンディショニングへの意識・自覚が大きな目標でありたいですね。

    皆さん、こんにちは。 協会理事の名倉です。 大学ではボート部に入部 大学三回生の息子。 大学に入ってからは、ボート部に入部。 ...
  • 親から子へのアドバイス! 本当の成長を望むなら、手を貸さず自分で考えさせる。

    2017年02月22日

    親から子へのアドバイス! 本当の成長を望むなら、手を貸さず自分で考えさせる。

    こんにちは。 キッズ&ジュニア協会の細川です。 我が家には私と妻、そして7歳と3歳の男の子がおりまして、育ち盛りの子供たちと一緒に毎...
  • 子どもとの信頼関係ってそうだったのか!

    2015年07月09日

    子供の心の成長vol.3「目から鱗!そうだったのか子供の行動(児童期5~12歳)」

    こんにちは。 メンタル&コミュニケーション編 担当の湯浅りえ子です。 このブログでは、子供さんや親御さんの為のメンタルやコミュニケー...
  • 子どもたちが自分自身で考えて成長していくサポートとは! 「作業」などではなく、「目的」を伝えてあげることの重要性

    2015年07月21日

    子供の心の成長vol.4「目から鱗!そうだったのか子供の行動(青年期13~19歳)」

    こんにちは。 メンタル&コミュニケーション編 担当の湯浅りえ子です。 このブログでは、子供さんや親御さんの為のメンタルやコミュニケー...
記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684