疲労を溜めない、 疲れを回復するには FR(ファティーグ・リカバリー・ファクター)

2015年7月3日

 

こんにちは。
トレーニング&コンディショニング担当の佐藤曜子です。

前回は、疲れの原因についてお伝えをしました。

▼前回の内容はこちら
「疲労をためない 疲れって何?」

—————————–

「疲れがなかなか取れない!!」

そんなことはありませんか?

本日は、疲れを回復するためには、どうすればいいか?
について、お伝えします。

 

疲れの原因は疲労因子「FF(ファティーグ・ファクター)」でしたが、
その疲れを回復するには、
疲労回復物質
「FR(ファティーグ・リカバリー・ファクター)」
が必要になります。

 

「FR(ファティーグ・リカバリー・ファクター)」って何??

これは疲労因子「FF」が増加した際に、反応するように発生する物質で、FFを抑制し、傷付いた細胞を修復する働きを持っています。

 

すごい!FR!!

 

でも、このFR、どうやって発生させたらいいの??

 

…となりますよね。

 

なんと、FRの発生には、FFが必要になります。

 

ですので、適度な運動によりFFを意図的に発生させ、
それを上回るFRを発生させることができれば、
疲れが回復した状態になります。

 

適度な運動とは??

そうです。

そこがポイントですよね。

 

適度な運動とは、たとえば

ウォーキングや軽いジョギング、体操、ストレッチングなど、

軽く息が上がる程度の運動です。

 

「ニコニコペース」というのをご存じでしょうか?

ジョギングなどの場合、一緒に運動している人と

「楽しくおしゃべりできるくらいのスピードで走る」ペースのことです。

 

これを目安にしてもらえると、わかりやすいかな?

と思います。

 

江戸川沿いでランニング

 

「疲れているから…」とゴロゴロするよりも実は軽く運動したほうが、疲れの回復にはよいのです!

 

 

次回は、FRの反応をよくして、「疲れにくい身体づくり」
をするためのポイントをお伝えします。

お楽しみに!

LINEで送る
ランナーのための勉強会参加者募集

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

佐藤 曜子

この記事を書いた人: 佐藤 曜子

「スポーツに関わる仕事がしたい。」というザックリした目標を持って進学した体育系大学在学中に「アスレティックトレーナー」の存在を知り、その仕事内容に「ピンッ!!」ときた私。 「どうしてもこの仕事がしたい!」と大学卒業後、専門学校へ進学し、トレーナーの道へ進みました。 スポーツ現場、医療現場、スポーツ系専門学校での教員を経て、現在はアロマテラピーを用いながら、スポーツ選手を始め、一般の方々へのコンディショニングを行っています。 ■一般社団法人 キッズ&ジュニア スポーツコンディショニング協会   認定インストラクター ■(公財)日本体育協会公認アスレティックトレーナー? ■アスリートネットワークLab. トップコンディショニング担当トレーナー

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684