子供との信頼関係を構築する方法(言葉編)

2016年9月15日

こんにちは。
キッズ&ジュニア協会です。

子どもに役立つケアブログ、久々の更新です!大変お待たせいたしました☆
担当はメンタル&コミュニケーション編 湯浅りえ子先生です。

前回は、『信頼関係』のを構築する方法(動作編)についてお伝えしました。
前回の内容はコチラ
http://www.kj-spocon.or.jp/?p=260

????????????????????????????

『小さな違いが大きな成果を生む!』と言う言葉を聞いたことがありますか?

 

大きな成果を生みたいから、大きな違いを求める必要はありません。

 

例えば・・・
道を歩いていて、つまずく事がありますね。
大きな段差につまずくのではなく、小さな段差に人はつまずきます。
大きな段差には、人は気がつきます。小さな段差だからこそ、人は気がつけないのです。

その小さな差を見つけることが、大きな差になります。

 

今日は、普段なにげなく話している親子の会話。

それに、小さなエッセンを加えることで、大きな成果を生み出す方法をご紹介します。

(信頼関係の構築方法実践編 その2です!)

 

 

〇実は、オウム返しはとっても深い!

 

信頼関係を構築するためには?

安心をしてもらうことでしたね。

 

さて、『オウム返し』と言う言葉はご存じでしょうか?

 

『オウム返し』とは:会話で相手の発言を繰り返して(同じ言葉を使って)、返答する話し方です。

 

(例)

子ども:今日はがんばったから、疲れちゃったんだよ!

お母さん:今日はがんばったから、疲れちゃったんだね!

 

相手と同じ言葉を使うと

 

?自分の話を聞いてもらえていると感じ、信頼関係が生まれます。

?

?そのままの言葉で繰り返されるので、肯定されていると感じ、安心感に繋がります。

 

 

しかし・・・

 

(例)

子ども:今日はがんばったから、疲れちゃったんだよ!

お母さん:今日はがんばったから、しんどいんだね!

 

となると、似ているようですが語尾の言葉は違い、話を聞いてもらっていない様に感じたり、

違和感があったりします。

 

この小さな違いが、信頼関係を構築するにあたり、大きな成果を生むのです。

 

——————————————————————————————————————————————–

〇繰り返し過ぎると、逆効果?

 

「オウム返しは、信頼関係が構築される!」と言って

なんでも、かんでもオウム返しをしてしまうと・・・

 

いちいち確認されているような感じに受け取ってしまいます。

 

 

そこでポイントです!

 

長い話の場合、一字一句繰り返すのではなく、相手が言った言葉を使いながら、

話を要約します。

 

(例)

子ども:今日はがんばったから、疲れたんだよ!だから、今晩は宿題をせずにゆっくり寝たいんだ。

そして、お風呂に入って22時には寝るよ!宿題は明日の朝にする。

お母さん:今日はがんばったんだね。お疲れ様。今日は、お風呂に入ってゆっくり寝なさい。

宿題は明日の朝ね!

 

話を要約できるということは=話を良く聞いていないとできません!

 

話が長い時は要約をしましょう!

 

—————————————————————————————————————————

〇無意識を意識する!

 

親御さんの中には、『オウム返し』を日常 無意識でされていらっしゃるかもしれません。

 

そして・・・

それを意識してやってみる!お勧めします。

 

なぜならば、小さな違いに目を向けることで、それは大きな成果を生み出すからです。

 

無意識だと、子どもとの会話にある大切なメッセージを、

聞き逃してしまっているかもしれません。

 

もし、コミュニケーションにつまずきを感じた場合、少し会話に意識を持ってみてください。

そして、ご自分がどの様な言葉を使っているのか・・・

 

そうすることで、小さな違いに気がつくことができるでしょう!

そして、大切なメッセージを受け取ることができるでしょう!

 

 

次回の「信頼関係を構築する方法」ブログは、

子どもとの会話で、真っ白になって、子どもの話を聞く!

聞き方(傾聴力)についてお伝えします。

 

 

その他にも、役立つ情報をたくさんお届けしてまいります(^_^)/

 

 

==============

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会

 

 

LINEで送る
子どもとの信頼関係を構築する方法(言葉編)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

湯浅 りえ子

この記事を書いた人: 湯浅 りえ子

もともと、体に関わる仕事(運動指導者)をしていました。 そして、10年が経ち体だけではなく、メンタル(心)の重要性を強く感じ、 私自身大きく変わる体験をしました。 そこからコーチングの学び始が始まりました。 そして、子供から大人までを対象に「人の無限の可能性を引き出すサポート」として プロコーチを8年前からしています。また同時に、NLP(神経言語プログラミング)(心理学)を学び、 活かしたコーチングを現在しています。 NLPトレーナー&メンタルコーチ コミュニケーションセミナー講師

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684