子供の疲労を溜めない 「疲れにくい身体づくり」をしよう!

2015年7月19日

こんにちは。
トレーニング&コンディショニング担当の佐藤曜子です。

疲労シリーズ第3回目です。

1回目「疲労をためない?疲労って何??」
2回目「疲労をためない?疲れを回復するには??」

 

本日は、「疲れにくい身体づくり」をするためのポイントについて、
お伝えします。

 

同じように運動をしても、
翌日に疲れが残る人と、あまり残らない人がいます。

それは、前回お話した
疲労回復物質「FR」の反応性に関連しています。

反応性の高い人は疲れが残りづらく、
低い人は疲れが残りやすくなります。

 

では、その反応性の高い、低いは、何で決まり、

どうすれば反応性を高めることができるのでしょうか。

 

答えはズバリ!

「生活習慣」であり、
「生活習慣を整える」ことです。

 

たとえば、習慣化したストレッチングや適度な運動

疲労回復物質「FR」の反応性を高め、

疲労回復を促進します。

 

このように疲労回復物質「FR」の反応性を高めるには、

生活習慣を整えることが重要です。

 

適度な運動やコンディショニングマッサージ、入浴で

血流を促進して老廃物を除去し、

疲労回復物質「FR」の産生を促すような

ストレッチングの実施や栄養補給をすることで

疲労因子「FF」を抑制することができます。

 

ちょっとした生活習慣の改善で、疲れにくい身体づくりができます。

少しずつ意識を改善していき、
疲労を明日に持ちこさないようにしましょう!!

LINEで送る
子どもの疲労を溜めない 「疲れにくい身体づくり」をしよう!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

佐藤 曜子

この記事を書いた人: 佐藤 曜子

「スポーツに関わる仕事がしたい。」というザックリした目標を持って進学した体育系大学在学中に「アスレティックトレーナー」の存在を知り、その仕事内容に「ピンッ!!」ときた私。 「どうしてもこの仕事がしたい!」と大学卒業後、専門学校へ進学し、トレーナーの道へ進みました。 スポーツ現場、医療現場、スポーツ系専門学校での教員を経て、現在はアロマテラピーを用いながら、スポーツ選手を始め、一般の方々へのコンディショニングを行っています。 ■一般社団法人 キッズ&ジュニア スポーツコンディショニング協会   認定インストラクター ■(公財)日本体育協会公認アスレティックトレーナー? ■アスリートネットワークLab. トップコンディショニング担当トレーナー

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684