親から子へのアドバイス! 結果だけに一喜一憂するのではなく、プロセスを褒めてあげる。

こんにちは。
キッズ&ジュニア協会の細川です。

今回は、どこのご家庭でも悩むことのある“子供への声のかけ方”について、考えてみたいと思います。

親から子へのアドバイス! 結果だけに一喜一憂するのではなく、プロセスを褒めてあげる。

シュートが決まった!

我が家では上の子がサッカースクールへ通っています。
練習のゲームをしているときに、息子が打ったシュートが見事にゴールを決めたことがありました。

練習後、「ナイスゴール!いいシュートだったな!」と息子を褒めました。
息子も嬉しそうで、家に帰ると得意気にお母さんにもゴールを決めたよ!と報告していました。

次が続かない。そのとき・・・

ところが、贔屓目にもそのゴールはいわゆる“ごっつぁんゴール”で、息子のサッカースキルはまだまだ発展途上。
となると、そうそう毎回そんなラッキーゴールが生まれるわけではありません。
その次の練習、また次の練習と、しばらくゴールできない日々が続きました。

私はあまりそのことに意識がなく、“今日はゴールできなかったな〜”なんて、何気なく練習後の車の中で会話していました。
すると息子は、家でもサッカーの会話をしなくなってしまいました。

努力そのものを評価する

そこで私はやっと気づきました。
ゴールを決めたという事実だけを褒めて、毎回まじめに練習してきたことを何も褒めてあげていなかったな、と。
だから息子はその後褒めてもらうこともできず、サッカーの話をしなくなってしまったのだと。

あくまでゴールは副産物で、そこに至るプロセスをしっかり評価してあげて、次の努力を促すことが何よりも大切だと気づかされました。

叱るときも理屈は同じ!

よくよく考えてみると、子供部屋が散らかっていて「片付けなさい!」なんて叱るときも、実は同じですね。
散らかっているという事実だけを叱っていると、いつまで経っても彼らは“なぜ叱られているのか”を理解できません。

「散らかったままだと、どこにおもちゃがあるかわからなくて困るよね?」とか「こんなお部屋のままだと、何か困ることってないかな?」など、片付けに至るプロセスを一緒に考えさせるきっかけを作ると、子供達は学んでくれるものです。

結果だけを見て褒める・叱るのではなく、なぜ褒めているのか、なぜ叱っているのか、そのプロセスに意識を持つことができる子に育てていきたいなと思った一件でした。

また、子どもの成長を見守っていく中で気づいたことをお伝えできればと思います!

 

bnr01

LINEで送る
親から子へのアドバイス! 結果だけに一喜一憂するのではなく、プロセスを褒めてあげる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

この記事を書いた人: 細川 晴彦

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684