コンディショニング協会会員になりませんか?

子供とのコミュニケーションを良くするために、子供と同じスポーツを体験してみる。

2017年8月11日

皆さん、こんにちは。

協会理事の名倉です。

 

「スポーツが好きでからだを動かす子どもを熱中症から守る方法」講座

毎日、猛烈に暑い日が続いています。

仕事でスーツを着て歩き回るのも大変ですが、

 

この暑さの中、

炎天下の下で、また、蒸しかえる体育館で,

スポーツに取り組み、元気に走り回る子供たち。

 

頼もしくもありますが、やはり、熱中症なども心配です。

 

先日、協会では協業パートナーである大塚製薬さまから講師をお招きし、

「スポーツが好きでからだを動かす子どもを熱中症から守る方法」講座を開催致しました。

 

 

なかなか、熱中症対策や効果的な水分補給と行っても、

小さな子どもさんには難しいかもしれません。

 

そんな時期は、やはり保護者の方が正しい知識を学び、

お子さんにわかる言葉に変えて、しっかりお話してあげる。

 

すごく大事なことだと感じました。

 

 

さて、そんな暑い日が続く中。

 

 

「レガッタ」に初挑戦

51歳。新しいチャレンジをします。

 

「レガッタ」に初挑戦です。

 

 

息子が去年から大学入学と同時にボート部に入部。

 

強豪校なので、毎朝5時からの練習があるので、

艇庫に泊まり込み、週に2回しか家に帰ってきません。

 

 

そんな中、息子の口から出てくるボートの専門用語。

 

エルゴ、スカル、コックス。。。。

 

よくわからず、話が噛み合わないことが多かったのですが、

ここは同じことをしてみるのが一番!と、

経験者の友人の誘いで無謀にも、

草レースですが「HAT神戸レガッタ 2017」の出場することにしました。

 

 

まずはお盆に無料ボート教室に参加して、

初めてボートに乗ってきます。

 

私は子供の頃から、野球、卓球、サッカー、バドミントン、マラソン、自転車。

 

息子は、水泳、体操、6年間のバスケットボールの後のボート。

 

共通のスポーツがなかったので、どこかすごく嬉しいです。

 

子どもさんの取り組んでいるスポーツを体験してみる

保護者の皆さんも、子供たちの取り組んでいるスポーツの経験が無い方が大半だと思います。

 

何かの機会に、子どもさんの取り組んでいるスポーツを体験してみるのも、

親子のコミュニケーションとして、最高のきっかけでもあり、

継続的に関係性を維持する良い取り組みではないかと思います。

 

 

経験してみると、いつも子供たちに言っている、

 

「なんでそこでミスするの!」

「なんであんな簡単なことが出来ないの」

「大事なところで、周りが見えてない!」など、

 

気軽に話していた何気ない言葉。

 

言えなくなるかもしれませんね(笑)

 

何より、子供たちの取り組んでいるスポーツの喜び、難しさ、感動を、

共有できるって素晴らしいと思います。

 

 

どちらにしても、子供と共通の話題があるというのは、

親子間のコミュニケーションを良好にするのはすごく良いと思います。

 

 

そのためにも、初挑戦の「レガッタ」。

思い切り楽しんできます!!

 

 

 

bnr01

子供とのコミュニケーションを良くするために、子供と同じスポーツを体験してみる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

名倉 信一

この記事を書いた人: 名倉 信一

1966年生まれ。
ランニング、自転車、ポタリング、サッカーなどスポーツが大好きです。44歳から始めたフルマラソンではサブスリーに挑戦中、自転車では東海道五十三次を走破。

・キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会理事
・京都外国語大学非常勤講師
・アロマテラピーアドバイザー
・残像メンタルトレーニングメインインストラクター
・れいあうと・にっしん株式会社 代表取締役
・知的資産プランナー
・ランチェスター戦略社長塾塾長
・名刺コンサルタント

関連記事一覧

  • スポーツで不調の原因はメンタルにあり!? スランプの脱出方法とは?

    スポーツで不調の原因はメンタルにあり!? スランプの脱出方法とは?

    こんにちは。 キッズ&ジュニア協会の細川です。 本日はスポーツにおけるメンタルの重要性と、 スランプを脱却する克服...
  • 起こるべきことは、必ず起こる。 それに向け、真摯にしっかり準備できているかどうか。その差がすべてだと思う。

    子供とのコミュニケーションは、小さなことの積み重ね。  「直接触れる」マッサージが、何にも代えがたい親子関係を作る。

    皆さん、こんにちは。 協会理事の名倉です。   我が家のマッサージ事情 やっと夏の暑さからも開放され、 朝夕...
  • 小さい時から子供の肌に直接触れてマッサージするからこそ、子供が成長してからも素晴らしい関係でいられる

    小さい時から子供の肌に直接触れてマッサージするからこそ、子供が成長してからも素晴らしい関係でいられる

    皆さん、こんにちは! キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会、名倉です。 子供へのマッサージ 保護者の皆さん、子供さんへのマッ...
  • しつもんメンタルトレーニング主宰、 当協会のアンバサダー・藤代圭一さまのブログがスタートです。

    子供たちの試合中のネガティブ思考。 私たち大人が「言葉を変える」ことで改善されるとしたら。

    こんにちは。 しつもんメンタルトレーニングの藤代圭一です。     7月にパパママトレー...
記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684