親から子へのアドバイス! “考える習慣”を身につけて、“選択肢”を出してあげましょう

2017年10月17日

こんにちは。
キッズ&ジュニア協会の細川です。

上の子が小学生となって1年半が経ちました。
子どもとはいえ、もう幼児ではなく自我のある一人の少年です。
子どもたちには、どんな道を選んだとしても、自分で考えて、自分で判断できるようになってほしいと願っています。
どのような教育をすれば、自分で決断できるようになるのでしょうか?

親から子へのアドバイス! “考える習慣”を身につけて、“選択肢”を出してあげましょう

まず・・・好き勝手にはさせない!

放っておくと、子どもたちってロクなことをしませんよね(笑)
ずっとTVを観たり、ゲームをしたり。最近だとスマートフォンだって上手に操作したりしますが、これは放置していてはダメだと思います。

ああいうツールは、そもそも人が楽しいと感じるような設計になっているので、気がつけばずっとやりっぱなし、みたいなことになってしまいかねません。

ただし、理由も告げず「ゲームばかりやってたらダメだ!」と機器を取り上げるような手段はあまりお勧めできません。
なぜなら、何が理由で叱られているのかが理解できないからです。
ゲームをする彼らには、彼らなりの「目的」=やりたいこと があったわけです。

その「目的」は、これから先大人になっていく上で、本人の役に立つコトでないと、あとから本人が困ることになります。
その点を、時間をかけてでもしっかり説明してあげることが必要です。

一度言っても伝わらないかもしれませんが、何度も話しかたをアレンジしながら、親の気持ちを本音で伝えましょう。

考える機会を作る

例えば週に1回、子どもが野球スクールへ通っているとしましょう。
「野球が上手になったら、もっと楽しいと思わないか?」というところから会話を開始。
まだまだ素直な子ども達、スポーツが上達すればきっと喜ぶに違いありません。

「じゃあ、一緒に練習しようか」という流れになった際に、ここで我々親がでしゃばりすぎると良くありません。
「どんな練習をしたら、上手になれる?」とか「前の練習でうまくできなかったことは何だろう?」とか、一方的ではなく子ども側から自分の意見を出すように持っていきます。

そうすると、子どもなりのアイディアが出てくるようになります。
中には、とんでもない練習方法を思いつくこともありますが、それも頭ごなしに否定するのではなく、せっかく考えた方法ですから、付き合って取り組んでみましょう。

大丈夫です、きっと突拍子もないアイディアはどこかうまくいかないので、すぐに飽きてくれます(笑)。最初から否定してやらないのではなく、乗っかった上で「もっとこうしてみない?」と提案すると、子どもも気分良く取り組んでくれるでしょう。

 

選択肢を与え、判断する機会をもつ

もう一つは、自分で判断するシーンをたくさん作ってあげることも重要です。
野球は好き、でもゲームも好き、宿題はキライ。
一般的な小学生の意見ですが、これも放っておいては宿題だけそっちのけになってしまいます。
親がうまく“乗せてあげる“工夫をしてみましょう。

「野球の練習を30分、宿題も30分。どっちも頑張ってやろうな。どっちを先にやると気持ち良く宿題ができると思う?」

「ピッチングとバッティング、このあと宿題もあるから、両方やる時間はないね。どちらか一つだけ今、練習しないといけないのはどっちだと思う?」

という感じです。

もっと簡単なところだと、
「今度のお休みは、どこか家族みんなで行きたいところあるかな?」だとか、「今日の晩ごはん、和食か洋食か、どっちがいい?」くらいの選択肢でも良いのではないかと思います。

これだって、お母さんの都合で決め続けるのと、(お母さんは大変かもしれませんが・・・)週に1度、2度でも「何が食べたい?」と本人に考えさせる時間をつくるのとでは、成長速度は違ってくるのではないかと思います。

 

いかがでしたか。
自分で考えて、自分で決断して、そして決めたことに自分が責任を持つ。
そういう意識をもつようになってくれると、スポーツの成長も速まると思います。
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

 

パパママトレーナー講座の開催日程・お申し込みはこちらから

↓↓↓

http://www.kj-spocon.or.jp/entry/

IMG_3487

LINEで送る
親から子へのアドバイス! “考える習慣”を身につけて、“選択肢”を出してあげましょう

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

この記事を書いた人: 細川 晴彦

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684