タッチングの第一人者 桜美林大学 山口 創教授を訪問させていただきました!

2018年4月27日

このたび、キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会協会の顧問であり、
桜美林大学教授・臨床発達心理士、
子どもに触れることの影響や、タッチングの質についての研究の第一人者の山口 創教授の下へ、
年度始めのご挨拶のため訪問させていただきました。

 

IMG_7308

(協会代表 巖と)

山口教授は、たくさんの著書の中で
「触れることは、こころに触れること」
「タッチングは人を癒し、いかに幸福感をもたらすか」ということを
長年の研究を元にわかりやすく書いておられます。

「なぜ当協会の顧問となってくださったか」
山口顧問インタビュー記事はこちらから
http://www.kj-spocon.or.jp/athlete/yamaguchi/
また、「子どもの「脳」は肌にある」
「子育てに効くマインドフルネス」などの著書の中でも
お子さまに触れることが、お子さまの成長にとっていかに重要かということも書いておられます。

著書の中でも、当協会の「パパママトレーナー講座」でお伝えしている
10分のコンディショニングマッサージは子どもに触るよいきっかけとなり、
小さいお子さまだけでなく思春期の親子関係にや心の育成にもとてもよい効果があると書いてくださっています。
※記載著書 皮膚は心を持っていた!→著書はこちらから(amazonサイト)

 

IMG_7300 (1)

この研究内容と飾らないあったかいお人柄により
全国各地で講演もされてます。

そしてなんと、今年は当協会の講座として
山口教授に講演いただける予定です。

「パパママトレーナー講座」でもお伝えしているように

ご家庭でお子さまにマッサージされていることが
いかに親子関係やお子さまにとっていいことか

たっぷり語っていただける機会となりますので
ぜひ楽しみになさっていてください。

日程が決まり次第、協会メールマガジン
ホームページ・Facebook等で告知させていただきます。

ぜひ楽しみになさっていてくださいね♪

それまではぜひ山口先生の著書をお楽しみください。

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会 事務局

LINEで送る
タッチングの第一人者 桜美林大学 山口 創教授を訪問させていただきました!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

山口 創

この記事を書いた人: 山口 創

桜美林大学教授 1967年生まれ。早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了。専攻は、健康心理学・身体心理学。聖徳大学人文学部講師を経て、現在は桜美林大学教授。臨床発達心理士。 子どもに触れることの影響や、タッチングの質についての研究の第一人者。2016年よりKJ協会顧問

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684