2018年FIFAワールドカップ 日本代表の戦いを見て気づくこと【メンタルとマネジメントの大切さ】

2018年7月6日

皆さんこんにちは。

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会・代表理事の巖です。

サッカーワールドカップ2018日本代表を見て思うこと

日本代表としてはベスト16で幕を閉じました。

戦前の予想からは想像できない躍進。

勝ち続けていたからでしょうか、チームとしてもどっしり構えていて、
わずか2か月で造られたチームとは思えないほどでした。

心から祝福を送りたいと思います。

SONY DSC

余談ですが、マスメディアの報道を見ていると面白い。

前任の監督が結果を出せずにいた時は「なぜ監督替えない!」、
替えると「なんでこの時期!」
監督が代わると「まだ選手をテストしている場合か!」、初戦勝つと「神采配!」

何をやっても言われるんだな、と感じました。

 

本題に戻ります。

ワールドカップベスト16の要因はメンタル?

日本代表がここまで結果が出せた要因の一つはメンタルではないでしょうか。

例えば代表に選ばれた選手のほとんどが海外で活躍し、
先発メンバーは11人中10人が海外でプレーしています。

海外でのプレーが良く、国内が甘い、とは言いません。

ただ、日本にいるよりは不便な異国で生活し、
日頃から普通に海外のトップ選手とプレーし(逆に言うと日本人選手が外国人?)、
日本にいるとレギュラークラスの選手が試合に出場できない環境も味わう。

メンタルの「基準」が強いのではないでしょうか。

大会前、大会が進むにつれての各選手のコメントは心強くたくましく感じました。

 

そんな「危機」に選ばれた選手たちが、
自分のことは後まわしにしていかに「サッカー日本代表」というチームとして結果を出せるか。

そこに強力にベクトルが向き、力が注がれたのだと思います。

仮に1年前から西野監督だった場合、
もっと良くなっていたか、
そうではなかったかは分かりませんが…。

マネジメントで組織が変わる

もう一つ言われているのが、マネジメントです。

前任者とよく比べられていましたが、
前任者はトップダウン、西野監督はいい意味で選手に委ねる。
そこでチームの雰囲気がガラリとよくなったと報道されていました。

これも強烈なトップダウンがあったから、
「2か月」という緊急事態を前に功を奏したのかもしれません。

ただ、ほとんど同じメンバーにも関わらず、
以前のチームに比べてパフォーマンスがあがり、
「組織」として結果を出した。
これは紛れもない事実です。

監督=TOPの役割はとてつもなく大きい、
あらためて痛感しました。

 

この「2か月」という限られた時間で戦うための選手を選び、
その道筋を創った西野監督。

周りのブレーンも含めてどんなストーリーを描いてどう実行に落とし込んでいったのか。

組織の先頭に立つ人間として、非常に興味深いところです。

(必ず出版されると思いますので、ぜひ拝読します)

 

日頃からのメンタルの在り方、そしてそれを束ねるマネジメント力。

その大切さをあらためて痛感しました。

パパママトレーナーのコンセプトは

同時に、パパママトレーナー講座のコンセプトを
「自己管理ができる、自分に向き合える子供に」
として活動していることは間違いではなかったことも確認できました。

 

皆さんは今回のワールドカップを通して、どんな気づきがありましたか?

LINEで送る
2018年FIFAワールドカップ 日本代表の戦いを見て気づくこと【メンタルとマネジメントの大切さ】

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

巖 正美

この記事を書いた人: 巖 正美

スポーツが大好きで感動して涙を流すこともしょっちゅう(笑)。幼い時は野球に没頭するも野球肘を患い、大好きな野球を辞めざるを得なかった苦い経験があります。現在はマラソンで汗を流しています。1970年生まれ・A型。アロマセラピストを育成するスクールキャラ/代表取締役社長。

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684