【辻学園栄養専門学校監修】真夏にぴったり疲労回復カレーレシピ♪

今月も当協会のサポートアカデミーである
辻学園栄養専門学校監修、「スポーツを頑張るお子さまのための栄養レシピ」をご紹介いたします。

ぜひお子さまの毎日の食事の参考にしてください♪
******************************

次の日に試合があるときにオススメ!
「夏野菜を使ったスープカレーで疲労回復」

毎日暑いですね。
場所によっては40℃を超えるところもあるので熱中症には十分お気をつけください!

熱い(暑い違いですが…)と言えば6・7月に行われたサッカーW杯での日本代表の活躍。
かっこよかったですね!

そんな日本代表の選手たちに専属調理師の方が疲労回復のため試合後にカレーライスを提供していたそうです。

試合が終わった後、30分以内に炭水化物(糖質)を摂ることによって、
痛んだ筋肉や疲れた筋肉を早く戻す作用があります。

カレーライスであれば、香辛料で食欲増進にもつながります。
さらに、豚肉やチキンでたんぱく質、オクラ・トマトといった夏野菜にはビタミンが豊富に含まれており、栄養バランスも良くなります。

 

今回は、夏野菜を使ったスープカレーをご紹介します。
カレールウを使ったカレーでも問題はありませんが脂質が多いため、
次の日に試合がある場合はスープカレーをオススメします!

スープカレーで疲労回復してベストコンディショニングで試合にのぞみましょう!

 

【このレシピに含まれる栄養素】

☆オクラの栄養
ビタミンC、カルシウム、鉄分が豊富。特有のねばねばには、整腸作用があります。

☆セロリの栄養
ビタミンB1、B2、カルシウム、食物繊維が多く含まれています。
独特の香りは好き嫌いが分かれますが、香り成分には、イライラを抑えたり、頭痛をやわらげたりする働きがあるといわれます。

スープカレー

【辻学園栄養専門学校おすすめレシピ】

夏野菜スープカレー 

材料 (4人分)

鶏もも肉   250g(お好みで鶏の手羽元や豚肉でも可)

たまねぎ   1個(150g)

なす     2本(140g)

セロリ    10cm(30g)

オクラ    20本

ミニトマト  10個

にんにく(すりおろし) 適量(1かけ分)

しょうが(すりおろし) 適量(1かけ分)

スープ    カップ1(顆粒のチキンスープの素を表示どおりお湯で溶いておく)

はちみつ   小さじ1

牛乳     カップ1

サラダ油   適量

<スパイス>

コリアンダーパウダー  大さじ2

ターメリックパウダー  小さじ1/2

カイエンヌペッパー   小さじ1/2

 

作り方

1.鶏肉は一口大に切り、塩こしょう、カレー粉大さじ1/2をもみ込む。

2.たまねぎはくし切り、なすは乱切りにする。セロリは筋を除き、薄切りにする。

3.オクラはヘタとガクを取り3等分に切る。ミニトマトはヘタをとり半分に切る。

4.にんにくとしょうがはボウルに入れ、水1/2カップを加えて混ぜる。

5.鍋にサラダ油を中火で熱し、たまねぎ・セロリを炒める。たまねぎの表面がこんがりしてきたら、なすを加えて炒める。

6.4のにんにくとしょうが、鶏肉を加え、強めの中火で水分をとばす。

7.スパイスと塩小さじ1を加え、弱火にして1分間ほど炒める。

8.スープを加えて強火にし、煮立ったらはちみつを加えて混ぜる。

9.牛乳を加えて煮立たせ、弱火にして5分間ほど煮る。

10.オクラとミニトマトを加えてふたをし、オクラがくたっとするまで5分間ほど煮る。

味をみて、足りなければ塩で調整して完成。

 

ポイント

1.野菜は好みで構いませんが、香りと旨味のあるたまねぎとセロリは必須。

2.牛乳を加えたマイルドな辛さなので、お子様にもオススメ。

 

辻学園栄養専門学校
スポーツ栄養実習生
http://www.sanko.ac.jp/osaka-eiyo/
*********************************

このお盆中は合宿だったというお子さま「も多いのではないのでしょうか。

疲れて帰ってきたお子さまにぜひ疲労回復にぴったりな
スープカレーはいかがでしょうか。

食欲も出て食べやすく、また明日から練習に打ち込めそうですね。

また次回をお楽しみください♪

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会
事務局

 

LINEで送る
【辻学園栄養専門学校監修】真夏にぴったり疲労回復カレーレシピ♪

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

この記事を書いた人: 事務局

スポーツをがんばるキッズ&ジュニアを応援しています1 皆さんに、コンディショニングの大切さやケアの方法、栄養などの役立つ内容をお届けしていきます(^_^)v

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684