しつもんメンタルトレーニング主宰、 当協会のアンバサダー・藤代圭一さまのブログがスタートです。

皆さん、こんにちは

しつもんメンタルトレーニング代表・メンタルコーチであり
キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会アンバサダー
藤代圭一です。

fujishiro_003

スポーツをするお子さんをもつ親御さんとお話しをしていると、

よくいただくご相談があります。
「もっとわが子にやる気を出して欲しい」

「本番でも力を発揮して欲しい」

「練習だと上手なのに、試合になるとどうも…」
特に多いご相談が「やる気」について。

子どもには、こちらから口出しせずとも、
なりたい自分に向かって自主的に行動して欲しですよね。

今回はそのやる気を少し分解して、お話しできたらと思います。

 

◎好きの理由もいろいろある?

恋愛における「好き」にも様々な理由があるように、
お子さんが現在、夢中になって取り組んでいるスポーツの「好き」もその子らしい理由があります。

その理由によって、やる気が長く続くこともあれば、すぐにしぼんでしまうこともあるのです。

 

ぜひお子さんにこう問いかけてみて下さい。
「いまのスポーツの、どんなところが好き?」

  • 好きだから好き
  • 成長を感じられるから
  • 将来、役に立ちそうだから
  • 友達が一緒だから
  • 誰かに褒めてもらえるから
  • ご褒美がもらえるから

お子さんの答えはどうでしたか?

上記のうち、複数の理由にまたがることもありますが、
もっともやる気が長続きするのは「好きだから好き」といった純粋な気持ち。

これは、「もっとうまくなりたい」といった成長志向とか、
「将来役に立つから」といった未来志向よりも、大きなやる気となります。

一方で「友達が一緒だから」「お父さんやお母さんに褒めてもらえるから」「ご褒美がもらえるから」といった理由は
一瞬でやる気に火がつくこともある一方で、すぐにしぼんでしまいやすい特徴があります。

「やる気」といってもその背景にある理由は10人いれば10人異なるもの。

ですので、まずは子どもたちの「好き」の理由を観察し、
機会があれば「どんなところが好き?」としつもんしてみてください。

すると、その子らしさに気づき、サポートできるポイントも見えてくるはずです。
次回は、より踏み込んでお伝えしますね!
・プレゼント 子どものやる気を引き出す5つの質問

http://shimt.jp/?p=51

 

プロフィール
一般社団法人スポーツリレーションシップ協会代表理事。
しつもんメンタルトレーニング主宰。
U20代表チームやインターハイ優勝チームなど全国優勝を目指すチームから地域で1勝を目指すチームまで、
様々なスポーツジャンルのメンタルコーチをつとめる。
また全国各地にインストラクターを養成。その数は350名を超える。
著書に”スポーツメンタルコーチが教える「子どものやる気を引き出す7つのしつもん」(旬報社)”がある。
http://shimt.jp

LINEで送る

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

この記事を書いた人: 事務局

スポーツをがんばるキッズ&ジュニアを応援しています1 皆さんに、コンディショニングの大切さやケアの方法、栄養などの役立つ内容をお届けしていきます(^_^)v

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684