スポーツや勉強のパフォーマンスを上げるための、子供の睡眠の質を上る方法

皆さん、こんにちは!
キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会、名倉です。

「健康経営のための睡眠マネジメントセミナー」

先日、所属している異業種交流会で、
「睡眠」に関するセミナーを主催しました。

題して、睡眠をコントロールして仕事の効率を上げる
「健康経営のための睡眠マネジメントセミナー」

講師は、快眠ほぐしサロン「すいみん」の矢野達人氏。
睡眠のプロフェッショナルです。

内容は、ビジネスマン向けで、
しっかり睡眠の質を上げることで、
昼間のパフォーマンスを上げる。
睡眠をコントロールして仕事の効率を上げよう!
というセミナーでした。

子どもやアスリートに向けた、
大変参考になる内容もあったので、
是非、皆さんに共有したくて。

 

ワールドカップ ロシア大会でのドイツの敗退

まず、ショッキングだったお話は、
フランスの優勝で幕を閉じた、
2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。

驚かされた出来事のひとつに、
前回大会優勝のドイツが一回戦で敗退したこと。

前回王者が次の大会の予選リーグで敗退するのは、
ワールドカップ史上でも初の出来事だそうです。
予選最終節、韓国に0-2で敗れた時はショックでした。

睡眠の質が原因?

さて、そのドイツですが、
実は大会期間中、選手同士が徹夜でTVゲームに熱中していた!
との報道があったらしいのです。
『FIFA18』や『コール・オブ・デューティ』、
『フォートナイト』というゲームを早朝までやっていたとのこと。
これらのゲームは、サッカーの他、シューテイングゲームと言って、
相手と戦い殺しあうようなゲームだとか。。。

しっかり質のいい睡眠をとって、
疲労回復に努めないといけない場面で、
徹夜でゲームって。

ましてや、シューテイングゲームなんかしてると、
交感神経が優位なままで、
ゆっくりした質のいい睡眠に入れるはずがない。
本当だとしたら、あまりにも自覚がないですよね。

子どもの睡眠の質を上げて、スポーツや勉強のパフォーマンスを上げる!!

判断力、決断力、集中力、思考力が低下

睡眠不足の弊害は「脳疲労」
疲れた脳の疲労を取ることが出来なくなることです。
だから、昼間のパフォーマンスが落ちる。
判断力、決断力、集中力、思考力が低下します。

 

また寝不足だと、人に絡むのがめんどくさくなり、
人とのコミュニケーションを避ける傾向が出るようです。
子どもたち、気を付けてあげたいですね。

 

睡眠の質を上げる方法

じゃあどうすれば、質のいい睡眠がとれるのか。

・毎日、同じ時間に起きること

休日も出来るだけ同じ時間に起床して、昼寝などで補う
遅く起きても1時間くらいにとどめること

・朝起きたら、日光を浴びる

このことで、その夜のため眠りのホルモン(メラトニン)の分泌を増やす。
お部屋の明かりでは明るさが絶対的に不足しています。
必ず、日光を浴びましょう。

・寝る前30分から寝る準備を始める

ストレッチやアロマ、電気を落とすなどしてリラックスしましょう。
もちろん、マッサージを優しく行えば言うことありません

 

パワーナップと1分間仮眠

 

また、一流企業や学校などが取り入れ始めているのが、
「パワーナップ」 (ナップとは仮眠の意味です)
積極的なお昼寝と言えばいいのでしょうか。
お昼15時までに、15分程度昼寝をする。

パワーナップを効率よく行うコツは、
頭を固定すること。
でも、寝転がるとダメなので、
机の上で頭を固定するのがいいとのことです。

また、1分間の仮眠も効果があります。

パワーナップや1分間の仮眠は、
すごく効果があるのですが、
周りの理解が無いと、
「昼間になにさぼってる!」ってなっちゃいますよね。
しっかり、そのあたり、親子で意識を共有しておかないとですね。

 

電磁波も深い睡眠を阻害するようです。
良くないのは、頭の近くでスマホに充電しながら寝ること!
少なくとも1mは充電中のスマホと距離をあけましょう。

スポーツや勉強のパフォーマンスを上げるための、子どもの睡眠の質を上る方法

充電中のスマホの近くで寝ると、
副交感神経優位になかなかなりにくく、
寝つきも悪くなります。

その日の疲れを、しっかりと、
その日の内に、「質のいい睡眠」で取りきる!!

コンディショニングの基本中の基本です。

 

スポーツに勉強に、
お子さんの睡眠、今一度、見直してあげて下さい。

急性外傷と言われる怪我、捻挫、打撲、肉離れ。 子どもへのアイシング(RICE処置)の方法は、ティッシュ1枚のひと工夫

LINEで送る
スポーツや勉強のパフォーマンスを上げるための、子供の睡眠の質を上る方法

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

名倉 信一

この記事を書いた人: 名倉 信一

1966年生まれ。ランニング、自転車、ポタリング、サッカーなどスポーツが大好きです。44歳から始めたフルマラソンではサブスリーに挑戦中、自転車では東海道五十三次を走破。 京都外国語大学非常勤講師、知的資産プランナー、名刺コンサルタント、アロマテラピーアドバイザー、れいあうと・にっしん株式会社/代表取締役社長

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684