コンディショニング協会会員になりませんか?

子供がイップス?!って思ったら、まず、やってみるイップス改善法! 

2020年12月15日

皆さん、こんにちは!
キッズ&ジュニア協会、名倉です。

この頃、良く、子どもがイップスみたいで。。。
という話を聞く機会が増えました。

子供がイップス?!って思ったら、まず、やってみるイップス改善法!

親としては心配ですよね。
そこで、子どもがイップスかも?!
って感じたらやって欲しいことがあります。

それは、
「脳は、集中して二つのことは出来ない」を利用して、
何か一つ、別のことに集中してしまう方法です。

 

イップス (yips) とは

この頃、良く聞く言葉に「イップス」があります。

イップス (yips) とは、
精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、
突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことである。
本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、
現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。
『ウィキペディア(Wikipedia)より』

 

プロゴルファーが、
入れば優勝が決まるパットを打つ時に、
緊張で手が動かなくなる。
こんな話をよく聞きました。

 

 

イップスは広範囲

実はこのイップス。
ゴルフだけでなく、野球やサッカー、テニス、卓球など、
色々なスポーツにも存在し、
子供の症例も良く見受けられます。

 

自分の子どもが、イップスが原因で、
スポーツが出来なくなる。
あまりに悲しいですよね。

 

私もかつて

 

私も、昔、テニスを習っている時に、
あれだけ得意だったサーブが、
突然、全く入らなくなる。。。
そんな経験をしました。

そうなると、どのようにトスを上げていたのか、
どんなスタンスだったのか、
脇は閉めてた????
もちろんタイミングなど思い出すはずもありません。
思い返すと、あれが軽いイップスだったんでしょうね。

 

私は知らない間に、元に戻りましたが、
あれが続くと、テニスできなくなるかもしれないです。

 

イップスには、今のところ明確な治療法はなく、
克服できるかは本人次第である。とあります。

 

そう考えると、なってしまうと厄介ですね。。。

 

脳は、集中して二つのことは出来ません

私は、残像メンタルトレーニングのインストラクターをしていますが、
いつもお話する中に、
「脳は、集中して二つのことは出来ません」ということがあります。

朝、朝ドラを見ながら、家族と会話をし、食事をしながら、新聞を読む。
こんなことを普通にしていますが、
これは脳の動きの側面から見てみると、
何一つ、集中していないからできる。
という解釈が出来きます。
つまり、何に対しても集中していない状態。

例えばその時に、家内から
「離婚して欲しいの」と言われると、
おそらく、テレビは消し、食事もやめ、新聞からも目を離し、
話を聞くことに集中出来る態勢にするでしょう。

とても朝ドラを見ながらは、
話を聞けませんよね。

 

それは、「脳は、集中して二つのことは出来ない」からです。

 

それを逆に利用してイップスを克服

それを逆に、応用すると、
イップスのような、マイナスのイメージも、
深刻になると、もうその事しか意識しなくなる。

だから、それとは違うことに集中することで、
イップスの原因であることを意識しないトレーニングを日頃から行う。
これが有効かと思います。

現に、スポーツをしている最中に、
悪いイメージが出て、プレーに支障が出そうなときに、
「残像メンタルトレーニング」を行い、
残像を見ることに、脳を総動員させて、
残像に集中することで、悪いイメージを脳の外に出て行ってもらう。
これで、プレーが元に戻る事例はよく聞く話です。

例えばですよ。
緊張して来たり、過度に意識が一つの事に集中してきたら。。。
イップスになりそうと感じたら、

「今日の晩御飯、何が食べたいだろう?」

このことだけに集中してみる。
これでいいんだと思います。

「イップス」になる前に、
しっかり、このような知識を保護者が持ち、
軽い症状の時に対処するようにしておく。

 

是非、お子様にも、
このような事が日頃無いか、聞いてみてあげてください。

 

子供がイップス?!って思ったら、まず、やってみるイップス改善法!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

名倉 信一

この記事を書いた人: 名倉 信一

1966年生まれ。
ランニング、自転車、ポタリング、サッカーなどスポーツが大好きです。44歳から始めたフルマラソンではサブスリーに挑戦中、自転車では東海道五十三次を走破。

・キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会理事
・京都外国語大学非常勤講師
・アロマテラピーアドバイザー
・残像メンタルトレーニングメインインストラクター
・れいあうと・にっしん株式会社 代表取締役
・知的資産プランナー
・ランチェスター戦略社長塾塾長
・名刺コンサルタント

関連記事一覧

  • サッカーでもイップスに!? スランプの源を断つことが必要!

    サッカーでもイップスに!?スランプの源を断つことが必要!

    こんにちは。 キッズ&ジュニア協会の細川です。 スポーツの世界で時々聞く「イップス」というフレーズ。 野球やゴルフの世界では有名な...
  • ゴルフ、野球、テニス。。。 子供たちにもイップスが増えているらしい。 解決策は、良いイメージに一点集中すること!

    ゴルフ、野球、サッカー、テニス。。。 子供たちにもイップスが増えているらしい。 解決策は、良いイメージに集中!

    こんにちは!キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会 理事の名倉です。   イップスとは   近...
  • バスケ選手のための、イップスの克服方法とは?

    バスケ選手のための、イップスの克服方法とは?

    こんにちは。キッズ&ジュニア協会の細川です。 「イップス」という症状は野球やゴルフによく見られるそうですが、バスケットボール界でも時折イッ...
  • 子どもの心の成長 VOL.1

    2015年06月05日

    子供の心の成長 VOL.1

      初めまして。 メンタル&コミュニケーション編 担当の湯浅りえ子です。 このブログでは、子供さんや親御さんの為のメ...
記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684