コンディショニング協会会員になりませんか?

子供の新型コロナウイルスの感染予防。実は「歯磨き」に効果が!!

2020年5月15日

皆さん、こんにちは!
キッズ&ジュニア協会、名倉です。

甚大な影響を与えている、新型コロナウィルス。
何よりは、自分が、家族が、周りの方が、
感染しないことが最優先ですね。

ここへ来て感染者数に落ち着きが見えて、
自粛の反動から、第二波、第三波が心配されますね。

 

今回も病院の先生とのお話です

 

さて、前回のブログも、
病院の先生との会話からの話でしたが、
今回も、歯科の先生とのお話からです。

 

新型コロナウイルスの感染予防策

 

さて、予防策としてよく言われているのは三密を避け、
手洗い、換気、マスクの着用の徹底など様々あるようですが、
以外に「歯磨き」にも効果があるようなんです。

ちなみに、「加湿」も言われる方がいらっしゃるのですが、
のどの粘膜は乾燥すると抵抗力が落ちるので、
のどを乾燥から守る意味ではいいのですが、
加湿したお部屋では、空中に浮遊するエアロゾル中のウイルスも、
乾燥から逃れられてしまうので、
数分から30分程度も感染性を保持するとも言われています。
なので、加湿ではなく、こまめに水分を取りながらの、
粘膜の乾燥予防がいいようですよ。

 

感染予防に「歯磨き」が効く理由

さて、「歯磨き」なのですが、
しっかり、今回の新型コロナウイルスの感染予防にも、
効果があるとのことです。

子供の新型コロナウイルスの感染予防。実は「歯磨き」に効果が!!

歯磨きをおろそかにし、口の中に食べかすや、磨き残しがあると、
それがプラークと言って粘々した細菌の集まりに変化して行きます。
プラークの中には、肺炎の発症に関係のある肺炎球菌や、
感染症の原因にもなる細菌が含まれています。
これらの細菌はプロテアーゼと呼ばれる酵素を出して、
ウイルスがのどの粘膜から細胞に侵入しやすくする特性をもっているので、
歯磨きをせず、お口のなかが不潔な状態だと、
プロテアーゼの量増え、病気の発症や重症化を招きやすくなるということです。

しっかりと歯磨きすることで、このようなプラークに含まれる細菌を、
お口の中に残さないことが、
新型コロナウイルスの感染予防につながるとのことでした!
もちろん、風邪予防やインフルエンザの予防にも、
同じように効果がるそうです。

 

是非、子供の良い「歯磨き」の習慣形成に!

子供の新型コロナウイルスの感染予防。実は「歯磨き」に効果が!!

 

 

今の時期、いつも歯磨きを嫌がっている子供たちにも、
しっかり説明することで、
いい歯磨きの習慣の定着につながる、
良いキッカケになるかもしれませんね!
是非、お試しください!

 

 

 

子供の新型コロナウイルスの感染予防。実は「歯磨き」に効果が!!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

名倉 信一

この記事を書いた人: 名倉 信一

1966年生まれ。
ランニング、自転車、ポタリング、サッカーなどスポーツが大好きです。44歳から始めたフルマラソンではサブスリーに挑戦中、自転車では東海道五十三次を走破。

・キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会理事
・京都外国語大学非常勤講師
・アロマテラピーアドバイザー
・残像メンタルトレーニングメインインストラクター
・れいあうと・にっしん株式会社 代表取締役
・知的資産プランナー
・ランチェスター戦略社長塾塾長
・名刺コンサルタント

関連記事一覧

  • 【辻学園栄養専門学校監修】真夏にぴったり疲労回復カレーレシピ♪

    【辻学園栄養専門学校監修】真夏にぴったり疲労回復カレーレシピ♪

    今月も当協会のサポートアカデミーである 辻学園栄養専門学校監修、「スポーツを頑張るお子さまのための栄養レシピ」をご紹介いたします。 ...
  • 子どもの持久力がつく、新米とスタミナアップのおいしい関係

    2016年11月11日

    子供の持久力がつく、新米とスタミナアップのおいしい関係

    みなさんこんにちは!スク弁ママの中本 千絵です   「旬」「素材」「栄養素」「効果」の面から成長期のお子様がスクスク育...
  • 子供の熱中症、予防と対策! スポーツドリンクと経口補水液の違い。

    子供の熱中症、予防と対策! スポーツドリンクと経口補水液の違い。

    皆さん、こんにちは! キッズ&ジュニア協会、名倉です。 そろそろ気を付けないと! 熱中症 大阪ではコロナの感染拡大も、 少し落ち着き...
  • 子どもの疲労を溜めない 「疲れにくい身体づくり」をしよう!

    2015年07月19日

    子供の疲労を溜めない 「疲れにくい身体づくり」をしよう!

    こんにちは。 トレーニング&コンディショニング担当の佐藤曜子です。 疲労シリーズ第3回目です。 1回目「疲労をためない?疲労っ...
記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684