コンディショニング協会会員になりませんか?

子供の成長痛ってどんな痛み?スポーツへの影響や解決策はあるのか

2020年5月16日

子供の頃にある「成長痛」。皆さんは感じたことはありますか。

多くの人が子供の頃に一度は経験のしたことのある痛みではないでしょうか?

子供の頃は自分自身、原因もいまいちわからずに時間が経てばいつの間にか痛みがなくなっている「成長痛」。今回はこの成長痛について、理解を深めてスポーツをする子供たちにとってどれだけ影響があるのかを知りましょう。

成長痛とは

成長痛とは、3〜12歳ぐらいの子供に起こる痛みで、特に下半身に痛みを感じます。
成長痛が起こりやすい場所は、膝から足に掛けて多いですが、股関節・かかと・ふくらはぎ・太もも等でも起こり、成長痛で感じる痛みには個人差があります。

痛みがひどい場合には泣いてしまう子供もいるくらいですから相当の痛みでしょう。

また、痛みが起こるケースとして多いのは夜の時間帯です。日中や朝に痛みが出ることはあまりなく、午後5時以降〜寝るまでの時間で起こることが多いです。

成長痛の不思議

実は成長痛は、いまだに明確な原因が解明されていない痛みではっきりとしたことはわかっていません。しかし、不思議なのは痛みが発生しても数時間経てば痛みが治ったり、寝て朝になれば子供は何もなかったかのように起きてきます。

正確な原因かは不明ですが、成長期の子供は骨や筋肉、関節が成長途中の段階で柔らかいため、激しく動く等の疲労により痛みが生じやすく、また精神的なストレスも成長痛の原因になるといわれています。

また成長痛は定期的に痛みが発生するわけではなく、ある日突然痛みが現れて、次いつまた同じような痛みが出るかわかりません。

スポーツへの影響

一般的に、子供がスポーツをする時間帯は朝〜夕方までであることがほとんどではないでしょうか?成長痛の特徴から見ても、この時間帯に成長痛が出る可能性は低いです(全く起きないわけではない様子)

なので、特に骨や筋肉が損傷を起こしていることによる痛みではないので、痛みがない場合はたとえ前日の夜に激痛を訴えたとしても朝に痛みがなければ通常通りにスポーツをしても問題ありません。

ただ、痛みがある場合には無理をしないようにしましょう。痛みがある箇所をかばいながら運動をすることは体の別の部分を痛めてしまう可能性があります。

成長痛の解決策

基本的に原因がわからないため、明確な解決策は不明です。しかし、痛みによる不安を取り除いてあげるために、痛みがある部位をさすってあげる、抱っこしてあげる等のスキンシップにより多少痛みが緩和するケースもあるようです。
また軽いストレッチで体を動かす、保冷剤で冷やす等も痛みの緩和につながるケースがあると考えられています。

科学的な根拠は提示できませんが、ストレス軽減や部位を温めたり冷やしたりすることで部位で起きている症状を抑えることができます。

まとめ

成長痛は原因がわからないため、親としても不安になってしまいますよね。しかし、そこまで神経質にならず、次の日まで様子を見てあげましょう。翌日になっても痛みを訴える場合は、成長痛以外の原因を考えるべきです。

つまり、成長痛に関してはそこまで不安になる必要はありません。

おそらく親自身も子供の頃に経験し、何か明確な治療を行ったわけではないけれど、気がつけば痛みを感じなくなったのではないでしょうか。

まずは子供を信じて、翌日まで様子を見てそれでも痛みがある場合は専門の医師に診てもらうことをお勧めします。

子供の成長痛ってどんな痛み?スポーツへの影響や解決策はあるのか

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

この記事を書いた人: 事務局

スポーツをがんばるキッズ&ジュニアを応援しています1 皆さんに、コンディショニングの大切さやケアの方法、栄養などの役立つ内容をお届けしていきます(^_^)v

関連記事一覧

  • 「子どもに摂らせたい!健やかな骨をつくる栄養素」

    2017年01月27日

    「子供に摂らせたい!健やかな骨をつくる栄養素」

    こんにちは、キッズ&ジュニア協会 事務局の高橋です。   お待たせいたしました! 月に2回のスク弁ブログ「健やか...
  • 子供から、水ぶくれ、靴づれ、マメで相談を受けたら、対策はこれ!!

    子供から、水ぶくれ、靴づれ、マメで相談を受けたら、対策はこれ!!

    皆さん、こんにちは! キッズ&ジュニア協会、名倉です。   靴づれやマメを防ぐオススメのグッズ   ...
  • 【関東開催】お子さまの集中力を高める 「残像メンタルトレーニング講座」

    2018年09月10日

    「スポーツ」や「勉強」に効く!! 幼稚園児から大人まで、誰にでもできる集中力トレーニング

    皆さん、こんにちは。 協会理事の名倉です。   子どもの集中力を高める「残像メンタルトレーニング講座」 今年5月に...
記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684