コンディショニング協会会員になりませんか?

子供が本番で100%の力を発揮するための「魔法の言葉」

2020年11月11日

皆さん、こんにちは!

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会、名倉です。

 

本番で思い通りのプレーが出来ない

 

練習ではストライクが入るのに、試合ではフォアボールを連発。

格下相手にはすごいサーブが打てるのに、格上相手だとサーブが入らない。。。

 

本番で100%の力を発揮するための「魔法の言葉」

 

こんな子供たちを見て、やきもきしている保護者の方、
多いのではないでしょうか。

「どうして本番で、実力を出せないの!」と、
言いたくもない言葉を、子どもに掛けてしまう場面もあるかもしれませんね。

 

 

練習好きで、試合嫌い

 

私は昔、テニスが趣味で、
週に一度、テニススクールに通い、
土日は、試合という時期を過ごしていたことがありました。

 

ただ、どちらかと言うと、
練習の方が好きで、試合はあまり好きでは無かったんです。

なぜか。

理由は、緊張するから。

練習は楽しいのに、試合は楽しめなかったんです。

 

緊張は体を動かなくさせる

 

まさに、冒頭に書いたように、
練習だと上手く打てるサーブが、
試合本番だと入らなくなるんです。

練習では自然に体が動いて、
思い通りにボールを打てるのに、
大きな試合になればなるほど、
思うように体が動かない。。。

緊張すると、見事に筋肉も緊張し、
固くしてしまいます。

そんな状態になると、
サーブを打つ際に、前足が動き出し、
打点が不安定になり、
遂には、どのあたりにトスを上げていたのか、
どのあたりまで体を開いていたのか。。。
そんなことまで、わからなくなってくるんです。

まさに、マイナス思考へ突入です。

 

心技体、0.2秒で落ち込むものは

 

いつも残像メンタルトレーニング講座で話しているのですが、
思い通りにプレーが出来なくなる時。

心技体で言うと、
今まで積み重ね、精進してきた「技」(テクニック)が急に出来なくなるわけはない。
また、苦しい思いをして日々努力を重ねて身に付けた「体」(体力)が、
急に無くなるわけでは無い。
だから、思い通りにプレーが出来なくなる理由は、すべて「心」(メンタル)なのです。

 

サーブが打てなくなるような、マイナス思考には、
0.2秒で陥る。
ただ、元のメンタルにもどすのには、
2時間かかると言われています。

試合。。。終わってしまいますね。

 

サーブを打てるようになったキッカケ

 

そんな思いでいる時に、
いつでも平常心でサーブを打つことが出来るようになったんです。

本番で100%の力を発揮するための「魔法の言葉」

 

そのきっかけは。

 

あるテニス雑誌に、
サーブを打つ際に、前足に釘が打たれ、
コートに固定されているイラストがあったんです。

それを見て、サーブを打つ際に、
イメージで、ラケットで釘を前足に打つ。
すると不思議に、前足が全く動かなくなるんです。

それは、前足を固定するという、
サーブが安定するメリットと共に、
サーブ前のルーティーンとして、
その事に集中することで、
マイナスのイメージを脳にあげないという、
メリットも生まれて、
サーブがすごく安定するようになりました。

 

イメージにはイメージで

 

大人の私たちよりも、
子供たちの想像力は無限です。

 

子供たちに、
「どうして本番で、実力を出せないの!」
と、声をかけるよりも、
イメージにはイメージ。

 

いいイメージで本番、プレーが出来る、
アドバイスや声掛けをしてあげて下さい。

 

イメージで、ラケットで釘を前足に打つ。
こんな小さなことで、プレーは修正されていきます。

 

これを参考に、親子で、
いいイメージに変わる魔法の言葉を見つけられてはいかがでしょうか。

子供が本番で100%の力を発揮するための「魔法の言葉」

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

名倉 信一

この記事を書いた人: 名倉 信一

1966年生まれ。
ランニング、自転車、ポタリング、サッカーなどスポーツが大好きです。44歳から始めたフルマラソンではサブスリーに挑戦中、自転車では東海道五十三次を走破。

・キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会理事
・京都外国語大学非常勤講師
・アロマテラピーアドバイザー
・残像メンタルトレーニングメインインストラクター
・れいあうと・にっしん株式会社 代表取締役
・知的資産プランナー
・ランチェスター戦略社長塾塾長
・名刺コンサルタント

関連記事一覧

  • 子どもの心の成長 VOL.1

    2015年06月05日

    子供の心の成長 VOL.1

      初めまして。 メンタル&コミュニケーション編 担当の湯浅りえ子です。 このブログでは、子供さんや親御さんの為のメ...
  • スポーツで強いメンタルを持つためには。 できるだけたくさんの失敗を!

    2018年11月14日

    スポーツで強いメンタルを持つためには。 できるだけたくさんの失敗を!

    こんにちは。 キッズ&ジュニア協会の細川です。 最近は、子供たちに対して大人がどんどん過保護になってしまっている、 というニュースを見...
  • 「なんとなく、気持ちが乗らない。。。。」 そんな子供の「やる気スイッチ」を「ON」にする方法!

    「なんとなく、気持ちが乗らない。。。。」 そんな子供の「やる気スイッチ」を「ON」にする方法!

    皆さん、こんにちは! キッズ&ジュニア協会、名倉です。 大阪城までランニング 桜も見頃を迎え、体を動かすには最高の季節になりま...
記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684