コンディショニング協会会員になりませんか?

【食トレで体が変わる!アスリートに大切な食事の基本!】

2021年3月7日

こんにちは
アスリート 個別栄養サポート

管理栄養士の喜多みのりです。

 

食トレというとどんなイメージをお持ちでしょうか?

 

 

たくさんのご飯を食べる、

お肉お魚をもりもり食べる、

プロテインサプリを飲んでいる方も

もしかしたらいるかもしれません。

 

○○が筋力アップの食材!や

免疫力アップには○○を食べよう!

といった情報が巷では溢れています。

 

確かにそういった情報は間違いではありませんし、

きちんとした効果も立証されているものが多いです。

 

ただアスリートには、

いいといわれているものを普段の食生活に取り入れる、

よりも前にしてもらいたい事があリます!!

 

 

それは、「食事の基本を整える」こと。

食べたものは100%吸収され、

体を作るというわけではありません。

 

アスリートにとっての「食」≠「大量のご飯を食べる」ではありません。

体内の代謝をつかさどっているのは栄養です。

何か症状がある人はどこかで代謝が止まっています。

 

いくら良質のお肉や沢山のご飯を摂っても、

内臓がしっかり働いていなければ

その食事の栄養はうまく使われません。

 

内臓がしっかり働くような食事とはどのようなものでしょうか?

まずは「まごわやさしい」を意識して取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、

まごわやさしい」は栄養バランスのよい食事に必要な食材の頭文字を取ったものです。

 

」は

」はごま

」はわかめ(海藻)

」は野菜

」は

」はしいたけ(きのこ類)

」は芋類

 

他にも消化吸収を助ける発酵食品も一緒に摂れたらいいですね。

この食材が一日の食事の中で摂れるようになると、

徐々に体にも変化が出てきます。

 

血や筋肉が新しくなるには3カ月はかかります、

毎日コツコツ続けることが3か月後大きな成果につながります。

 

内臓がしっかり働く状態を作れると、

食べたものがしっかり身に付くようになります。

 

また、体にいいといわれているものは沢山とっていても、

同じくらい体に負担になるようなもの(ジュースやお菓子など)を摂っていては、

せっかくのよいといわれている食材の効果は半減してしまうでしょう。

 

悪しきを断つことも一番手っ取り早く取り組める食トレかもしれません。

 

ぜひ試してみてください♪

 

【喜多みのりプロフィール】

プロ〜小学生のサッカー、野球、ラグビー、陸上、ゴルフ、バスケ、ボクシング、審美系競技な

ど様々な選手を東京・大阪を中心に全国でアスリートの目標達成を栄養面からサポート。

ミッション☆

世界一の笑顔の瞬間を食で作り、日本中を健康で笑顔にする。

◆YouTube:https://cutt.ly/nlLHGIu

【食トレで体が変わる!アスリートに大切な食事の基本!】

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

喜多みのり【管理栄養士】

この記事を書いた人: 喜多みのり【管理栄養士】

血液状態や内臓状態、身体の指標と栄養学、スポーツ栄養学、コーチングスキルを組み合わせ、サッカー、野球、陸上、バスケ、ラグビー、ゴルフなど様々な選手の個別栄養をサポートしています。

【これまでの経歴】
▪️2016年~パーソナルサポート
▪️イタリアセリエA(ASローマ、SSラツィオ)栄養士研修
▪️日本代表 海外遠征帯同(W 杯など)
▪️平昌五輪 栄養士活動
▪️その他本執筆など

関連記事一覧

  • 【辻学園栄養専門学校監修簡単レシピ♪】アスリートにおススメの秋の食材を使った簡単パスタ!

    【辻学園栄養専門学校監修】アスリートにおススメの秋の食材を使った簡単パスタ! 今月も当協会のサポートアカデミーである 辻学園栄養専門学校...
  • アスリートにとって欠かせない栄養素が豊富~秋に美味しいきのこを活用しよう~ (管理栄養士みのりのプロ目線! Vol.6)

    今回はアスリートを栄養の面からサポートされている 管理栄養士・喜多みのりさんのコラムのお届けです。 アスリートにとって欠かせない栄養素が...
  • 体を大きくしたい!筋肉をつけたい!もっと背を伸ばしたい!「内臓疲労」を改善しよう!!

    体を大きくしたい!筋肉をつけたい!もっと背を伸ばしたい!「内臓疲労」を改善しよう!!

    体を大きくしたい方必見!タンパク質だけ摂っていても体は大きくならない!? 筋肉をつけたい! もっと背を伸ばしたい! &...
記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684