コンディショニング協会会員になりませんか?

子供の筋肉痛の対処法とは

2021年9月2日

皆さん、こんにちは!

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会、理事の名倉です。

 

筋肉痛の原因、そもそも、なぜ起こるのでしょう?

 

筋肉痛は、運動などによって損傷した筋繊維を修復するタイミングで起こる痛みです。

ただ、損傷した筋繊維が痛みを発していると思われがちですが、

筋繊維自体が痛みを発している訳ではなく、

筋繊維が回復しようとする途中で、痛みの物質が分泌されるために、

筋肉痛が起こります。

 

子どもの筋肉痛の対処法とは

 

なので、筋肉痛はトレーニングにより、筋繊維を破壊した直接の痛みではく、

破壊された筋繊維が回復しようとするタイミングで出る痛みなんです。

 

年齢が行くと、筋肉痛が遅れてくると言われますが、

回復の準備をするのに時間がかかるため、

子供より、筋繊維の回復時に痛みの物質が分泌されるまで、

時間が掛かってしまうからでしょう。

 

筋肉痛は、トレーニングは控えてね!の合図

 

ここから何が言えるかと言うと、

筋肉痛とは、トレーニング前よりも、

トレーニングで傷ついた筋繊維を、

強く、太く、たくましくすることで、

同じ負荷をかけても損傷しないように、しっかり超回復させるために、

痛みの物質を出して、まだ、修復中だから、

トレーニングは少し控えて、筋繊維を休ませてね!

と言う、筋繊維からの合図だと言えます。

 

なので、筋肉痛の一番の対処方法は、

痛みがあるうちは、すなわち、筋繊維の修復が終わっていない、

筋肉痛が出ている部位のトレーニングは行わず、

筋繊維を休養させてあげることです。

 

 

筋肉痛の対処法

 

ただ、子供たちの毎日の練習。

そんなことは言っていられないのが現実ですよね。

筋トレなんかだと、

トレーニングをする部位を変えて、

休養を入れながらすることも出来ますが、

試合形式の練習や、全体でする練習、

部位を休ませることが出来ない練習、

なかなか現実には難しいですよね。

 

ただやはり、筋肉痛を感じているということは、

筋繊維の修復が終わっていない証拠。

傷ついた筋繊維をより傷つけてしまい、

大きな怪我になる可能性もあります。

あまり大きな負荷をかけないようには心がけましょう。

 

アイシング

急性外傷と言われる、捻挫、打撲、肉離れ。子供へのアイシング(RICE処置)の方法は、ティシュペーパー1枚のひと工夫

 

 

あまり痛みがひどい場合は、

アイシングも効果的です。

→ 急性外傷と言われる怪我、捻挫、打撲、肉離れ。 子供へのアイシング(RICE処置)の方法は、ティッシュ1枚のひと工夫

 

 

ストレッチ

痛みが落ち着いている時は、

練習後の入浴や、静的ストレッチで、

筋肉の血流を良くすることもいいでしょう。

血液が傷んだ筋線維に必要な酸素や栄養素を送り届け、

筋肉痛の軽減につながります。

 

ストレッチで言うと、

運動前の動的ストレッチは、

筋肉痛の予防にもなります。

 

ぬるめのお湯で入浴

 

血流を良くして、筋肉の疲労物質を流れやすくするためには、

トレーニング後は、

シャワーで済ますより、少しぬる目のお湯(38~40度くらい)に、

ゆっくりリラックスしながら入浴するのも効果的です。

寝る前に入るとより効果的で、シャワー時よりもはやく体温が下がるので、

眠りの質も良くなります。

 

バランスのいい食事

 

食事のバランスを考えるのも大切で、

筋肉の修復の原料となるたんぱく質を、

トレーニング後に摂ることをお勧めします。

理想は、トレーニング直後30分以内が理想です。

このタイミングだと、BCAA(必須アミノ酸)も吸収が早く効果があります。

→ 運動によるカラダの疲労感をやわらげるにはBCAA. 中でも、ロイシンが筋タンパク質の合成のスイッチを入れる

 

ビタミンB群も、代謝を効果的に上げて、

筋繊維の疲労回復に効果がありますし、

ビタミンCを摂るのも疲労回復を促進してくれます。

 

何よりもお父さん、お母さんの愛情あふれるマッサージ

 

起こるべきことは、必ず起こる。 それに向け、真摯にしっかり準備できているかどうか。その差がすべてだと思う。

そして、何よりも、

お父さん、お母さんによるマッサージ。

パパママトレーナー講座で学べる、

一日10分でできる、その日の疲れをその日に取るための、

コンデショニングマッサージ!

お父さん、お母さんの愛情もプラスされれば、

効果は倍増です。

子どもの筋肉痛の対処法とは

 

特に、スポーツをする子供のために開発された、

コンデショニングマッサージ専用のローションには、

血液循環をスムーズにしてくれる「オレンジ」

リラックスをもたらし、心も体もお肌も落ち着ける「ラベンダー」

自立神経のバランスをとり、免疫力アップに役立つ「マージョラム」の、

天然のアロマ精油も配合されていて、

動き回る子供たちを考慮して、

オイルではなくローションにしています。

 

筋肉痛は以前の自分を超える証明

 

私自身も、マラソン、自転車、ゴルフ、ジム通い。

いまだに、日々、体を動かしていますが、

歳を重ねると、

なかなか追い込んだトレーニングをしても筋肉痛になってくれません。

ちなみに私は、トレーニング後の筋肉痛を待ち望んでいるので、

筋肉痛のことを「筋肉痛さん」と呼び、

トレーニングの翌日、筋肉痛になると、

筋肉痛さんが来てくださったと、感謝することにしています(笑)

 

筋肉痛って、辛くて嫌なイメージですが、

自分自身の筋肉が、トレーニングする前より、

強くたくましくなるための証明でもあります。

 

 

昨日よりも強くてたくましくなるために

 

「筋肉痛」

そう考えると、子供たちの成長には、必要で不可欠で大切なものですよね。

筋肉痛を喜んで迎えて、上手く付き合い、

しっかり愛情を持ってケアしてあげましょう。

その愛情あるケアが、

必ず、昨日よりも強くてたくましい子供になるために役立つはずです!

 

 

 

子どもの筋肉痛の対処法とは

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

名倉 信一

この記事を書いた人: 名倉 信一

1966年生まれ。
ランニング、自転車、ポタリング、サッカーなどスポーツが大好きです。44歳から始めたフルマラソンではサブスリーに挑戦中、自転車では東海道五十三次を走破。

・キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会理事
・京都外国語大学非常勤講師
・アロマテラピーアドバイザー
・残像メンタルトレーニングメインインストラクター
・れいあうと・にっしん株式会社 代表取締役
・知的資産プランナー
・ランチェスター戦略社長塾塾長
・名刺コンサルタント

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684