コンディショニング協会会員になりませんか?

『正しい』目標設定が与えるメンタルの効果~『トップアスリートになるための道』Vol.4

2021年11月23日

目標設定が与えるメンタルの効果

『正しい』目標設定が与えるメンタルの効果~『トップアスリートになるための道』Vol.4

皆さん、こんにちは。
アスリートトータルプロデュースの菊池昌太です。
シリーズ連載の「トップアスリートになるための道」も今回で第4回目を迎えました。
ぜひ最後までご一読ください。

 

いよいよ、2021年も終わりに近づき、2022年の目標設定をされている方も多いのではないでしょうか?
本日は私が中学生や高校生、大学生を指導するときに、最初に必ず実施する目標設定についてお話します。

目標が100%叶うという魔法のページ

例えば、高校球児をイメージしてください。
私は、高校生たちに初めて会った時にこう呼びかけます。

「まず、手元のノートに皆さんの目標を書いてください。」

そう呼びかけると多くの生徒が「甲子園出場」と記載します。
これは名門、弱小問わず多くの生徒が書いている目標であります。

 

『正しい』目標設定が与えるメンタルの効果~『トップアスリートになるための道』Vol.4

 

次に私はこう呼びかけます。

「では、ノートのページを1枚めくり、目標を書きます。
ただし、このページは書いた目標が100%叶うという魔法のページだったら
あなたは何て書きますか?」とたずねます。

すると、全員とは言いませんが、先ほど「甲子園出場」と書いていた生徒が「甲子園優勝」「日本一」と書きます。

つまり、本当に心から達成したい目標は「甲子園優勝」「日本一」なのです。

自分の才能・可能性

『正しい』目標設定が与えるメンタルの効果~『トップアスリートになるための道』Vol.4

しかし、

「現在の自分たちの能力では無理だから」

「あの名門校には叶わない」

「そんな目標掲げたら周囲からバカにされる」

「恥ずかしい」

などと無意識のうちに自分に『枠』を作ってしまっています

自分の才能・可能性に自分でフタをしてしまっているのです。
これは非常に勿体ないなといつも感じています。

俺だって出来るかも

『正しい』目標設定が与えるメンタルの効果~『トップアスリートになるための道』Vol.4

脳は、現実か夢(イメージ)かを理解できないとも言われています。
また、イメージが描けたものは叶うとも言われていたりもします。

逆を言うと、イメージ出来ないものは叶えることがとても難しいとも言えます。
こんな話をしていくと、生徒の顔がイキイキしてくるのがわかります。

「イメージしても良いんだ」
「イメージしたら叶う方向に動き出すんだ」
「俺だって出来るかも」

とココロがワクワクしてきます。

もうこの状態を作り上げることが出来ると、モチベーションのコントロールは必要ないくらい生徒たちは自分たちで考え、意欲的に取り組んでいきます
そんな状態のメンタルは『最高』だと考えています。

メンタルトレーニングという言葉をよく聞かれたこともあるかと思いますが、自分の本音の声を聞き、それを徹底的にイメージするだけでパフォーマンスがあがったら良いと思いませんか??

 

『正しい』目標設定が与えるメンタルの効果~『トップアスリートになるための道』Vol.4

 

このようにちょっとしたワークを取り入れるだけで、大きく変わる可能性がありますので、是非これを実践してみて、もっと色々知りたいと思われる方は気軽にDMやメッセージ頂けたらと思います。

菊池昌太のインスタグラム https://www.instagram.com/shouta_kikuchi/
メールアドレス:info@athlete-produce.com
ホームページ https://athlete-produce.com/

 

連載記事「トップアスリートになるための道」
第1回 https://www.kj-spocon.or.jp/8935/
第2回 https://www.kj-spocon.or.jp/9254/
第3回 https://www.kj-spocon.or.jp/9334/

『正しい』目標設定が与えるメンタルの効果~『トップアスリートになるための道』Vol.4

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会の最新情報をお届けします!

菊池昌太

この記事を書いた人: 菊池昌太

アスリートトータルプロデューサー兼アスリート大学理事長の菊池昌太と申します。 私は『眼と脳とココロ』の繋がりを活用して、 これまでプロのトップアスリートから、 東京オリンピック・パラリンピックの日本代表選手、 またスポーツをする小学生~大学生等をサポートさせて頂いております。

記事一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684