コンディショニング協会会員になりませんか?

藤代圭一氏。しつもんメンタルトレーニング代表。
スポーツメーカー勤務後、子ども向けのスクール事業に携わる。

2010年、フリーランスのメンタルコーチに。
小学校や中学校、高校などの教育機関への講演を行う傍ら、
スポーツスクールや少年団でのトレーニングやワークショップを行う。

 

一人でも多くの人がその人らしく輝く世の中をつくる

このビジョンを実現するため、スポーツメンタルコーチとして、
育成年代からトップアスリートまで、さまざまな選手やチームと関わりながら、
質問をきっかけに、選手たちの考え方や行動、結果の変化をサポートさせていただいています。
全国大会優勝、日本代表選手のサポートなどの経験をもとに、
いまでは指導者のみなさまへの関わりが増えてきました。
2017年からは協会をつくり(一般社団法人スポーツリレーションシップ協会)
しつもんメンタルトレーニングの講師や実践者を育てる活動もしており、
その数は350名を超え、活動の幅も広がってきています。

 

アスリート・こどもたちに関わって感じる課題

スポーツではピッチやグラウンドの上に立てば、自分で考え、行動することを求められます。
けれど、僕たち大人が正解を教えすぎてしまうことで、
彼らの「失敗から学ぶ体験」や「自分で考える機会」が少なくなり、
ピッチの上では「自分の考え」ではなく
「僕たち大人の考え」を実践するだけの選手になってしまう現状も多く見受けられます。

 

僕自身もサッカーコーチとして指導していた時は、
自分のエゴと、彼らを「コントロールすること」に執着し、
子どもたちから「もうサッカー嫌いになった」と言われるまでは、
まったく気がつかないままに指導をしていました。
(当時の子どもたちには本当に申し訳なく思っています)

一方で、自分らしく、実力を十分に発揮できる選手もいます。
その違いは、日常生活を基盤とした「思考の質と量」にあるかもしれません。

 

スポーツは結果がわかりやすくあらわれる特徴があります。
その「結果」の質を高めるために、
日々のトレーニングといった「行動」に変化を起こす必要がありますが、
同じトレーニングでも「どのように取り組むか?」といった「思考」が育まれていないと、
ただの「やらされているトレーニング」になり、せっかくのトレーニングの効果が薄れてしまいます。

 

「どんな自分になりたいのか?」
「いまの課題は何か?」
「どうしたいのか?」

 

自分を客観的に見つめ、「こうなりたいんだ!」と望む理想の未来に近づくためのアイデアを考え、
行動できることは、競技者としてだけではなく、一般社会人としても必要とされる力であると感じています。

 

親のこどもの関わり方

「だれに一番、応援してほしい?」
子どもたちに質問をすると、彼らは躊躇なく「お父さん、お母さんに応援してほしい」と答えます。
「どんな応援をしてほしい?」と質問を重ねると「いいね、頑張ってるね」って言ってほしいと続きます。
彼らは、ミスを指摘するのではなく、認め、寄り添ってほしいと願っているのです。

 

けれど、僕たちは無意識でいると、
ついつい「失敗」「ミス」「欠点」ばかりに意識が向いてしまう生き物です。

また、子どもたち・選手に対し、メンタルコーチや指導者、先生にできることがあります。
その一方で、お父さんやお母さんにしかできない、「特別なこと」があります。

 

「がんばる我が子を応援したい」

 

これはとても純粋で尊く、素敵な思いです。
けれど、子どものやる気や自信、集中力を引き出すことのできるご両親がいる一方で、
子どもと対立し、ついついイライラして、子どもに不満を抱き、力を引き出せないご両親がいます。

 

この違いはどこから生まれるのでしょう?

その答えは、「期待」にあります。

 

「この子には成功してほしい」
「日本代表選手に選ばれてほしい」
「有名な学校へ進んで欲しい」

 

我が子への期待が高ければ高いほど、その通りに結果の出ない子どもへの不満は募り、
いつの日か、「期待」は「怒り」へと形を変えてしまいます。

子どもたちも最初は、「お母さんの期待に応えたい」と、やる気が高まりますが、
そのやる気は長続きすることはありません。
いつの日か、期待に応えられない自分を責め、自信をなくしてしまう子もいます。

 

では、どうしたらいいのでしょう?

子どものやる気や自信集中力を引き出すことのできるご両親が「大切」にしていること。
それは、「期待を手放しで、信じること」

 

この子は、いまはうまくいってないかもしれないけれど、必ず幸せになれる。
自分の歩みたい人生を楽しんでくれる。思うような結果が出なくても、
将来その力を活かしてくれる。

と、子どもの未来を信じているのです。

 

ぼくたち指導者が「できること」がある一方で、「できないこと」があります。

ぜひ、
「サッカーが上手いから」
「良い子だから」
「成績が良いから」

 

といった条件付きの信頼ではなく、
お子さんがここにいることだけ(存在)に感謝し、未来を信じ、応援してあげてくださいね。

 

アンバサダー就任の理由、どこに共鳴したか?

「がんばるわが子に対し、何かサポートできることはないでしょうか?」

 

これは僕たちの活動でも頻繁にお聞きするご両親の悩みです。
指導はコーチに任せていますが、自分ができることで子どもを応援したい。

 

ご両親の愛情にお応えしたいと、いままで活動をしてきました。
そして、パパママトレーナーさんも同じような想いで活動されていることを知り、
ぜひ、さまざまな活動をご一緒できればと思っています。

 

 

 

藤代 圭一

Fujishiro Keiichi

しつもんメンタルトレーニング代表
大学中退後、スポーツメーカー勤務。子ども向けのスクール事業に携わる。
2010年、フリーランスのメンタルコーチに。小学校や中学校、高校などの教育機関への講演を行う傍ら、スポーツスクールや少年団でのトレーニングやワークショップを行う。日本全国、ロンドン、シンガポールでも講演を実施、子どもたち選手をはじめ指導者や保護者へ指導してきた人数は3000名を超える。

一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684