順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科博士後期課程修了
大原学園神戸校教員、神戸大学、武庫川女子大学非常勤講師
兵庫県タレント発掘・育成事業;ひょうごジュニアスポーツアカデミー身体能力開発・育成プログラムコーチ

 

育成年代に関わって 感じたこと

2000年ごろからJリーグサンフレッチェ広島、ヴィッセル神戸のユース年代の監督・コーチを務めました。
教え子としては槙野智章、森脇良太(現・浦和レッズ)、森重真人(現・東京FC)などがいます。
彼らのことはよく聞かれます。
もちろん豊かな才能は持っていましたが、一番の違いは「メンタル」面でしょうか。
特に槙野や森脇のインタビューを見てもらってもわかるかもしれませんが、ちょっとやそっとのことではへこたれない。
今から思えば強いメンタリティを持っていました。

 

現在の取組みから感じる課題

現在は「ひょうごジュニアスポーツアカデミー(※)」の取組みにも参加しています。

※ひょうごジュニアスポーツアカデミー
運動能力の優れた小学生4・5・6 年を対象に、関係競技団体と連携しながら、発達段階に応じた育成プログラムを実施することにより、将来、国体やオリンピックなど国際舞台で活躍できるアスリートの育成をサポートする事業。

その中で重要視しているのは、スピード・反応・バランスという視点から子どもの「コーディネーション能力」を開発・育成すること。特にジュニアアスリート世代はゴールデンエイジと言われ、運動能力の向上にコーディネーショントレーニングの重要性が指摘されています。
最近の子どもの傾向として、野球なら野球、サッカーならサッカーだけに一生懸命取り組む。このような単一種目のみの運動習得、専門技術習得の低年齢化は、姿勢や静的アライメントといった形態を狂わせたり、重要な神経系機能、すなわちバランスを狂わせることにもつながります。
さらに、そのアンバランスな神経系機能が関節の可動域、弛緩性をも狂わせることにつながり、怪我のリスクを向上させると考えられています。単一の運動に、専門的に取り組めば取り組むほど、体のケア等におけるコンディショニング学習への取組みも重要になってくるのです。

 

親の子どもへの関わり方

最近は熱心な保護者の方がたくさんいらっしゃいます。中にはコーチ以上にアドバイスを送る方もよく見受けられます。
しかしこんなデータがあります。
運動後、結果のフィードバックをこと細かに行う100%と、ほどほどにした、仮に50%とした場合、そのあとのパフォーマンスは50%のフィードバックをしたほうがよかったという報告があります。
個人の進歩を重視する「課題志向的雰囲気」が平等感や満足感を高めるのに対して、競争や成績、いわゆる結果が重視される「自我志向的雰囲気」は不安を高めることが報告されています。「自我志向性」の強いチームでは、選手のバーンアウト傾向(燃え尽き症候群)を促進させることなどが明らかとなっています。
言い換えると、子どもが安心してトレーニングに打ち込むことができる環境づくりが重要なのです。子どもたちは戦っています。コーチにたくさん指導を受けています。その子供たちの唯一の安心できる環境が「家庭」です。保護者が子どもにおいて最高のサポーターであること、家庭内で失敗が許される環境下で好きなスポーツが行えることが何より大切なことなのです。

 

協会アンバサダー就任の理由、どこに共鳴したのか?

文部科学省の「学校基本調査(平成26年)」では、小学生の約273人に一人、中学生の約37人に一人が不登校であり、さらに、保護者の4割が子育てに悩みや不安を抱えている状況にあると報告されています。
これらは、少子化,核家族化,都市化,人間関係の希薄化,地域社会のコミュニティー意識の衰退との指摘があるように、これからの日本において最も深刻な社会問題と言えます。
このような時代に、スポーツを通じた親子関係構築、子どもたちの豊かな人間性の育成を上げた協会の理念に深く共感しました。顧問を引き受けたのは、これまで培った経験や知識を基にお役に立ちたいと考えたからです。
「親子の触れ合い」といったスポーツを越えた人格形成にも寄与するとても重要な要素に関わることから、多角的な視点で科学的な根拠をご提供できればと思っています。微力ではありますが、協会の発展と共により良いスポーツ環境への発展に貢献していきます。

 

「一般社団法人 キッズ&ジュニア スポーツコンディショニング協会 理事長 巖」と ともに。

 

 

長野 崇

Takashi Nagano

1973年兵庫県生まれ。順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科博士後期課程修了。サンフレッチェ広島、ヴィッセル神戸ユース チーム監督・コーチを歴任したのち、大原学園神戸校教員、神戸大学発達科学部非常勤講師となる。

UEFA(欧州サッカー連盟)B Award International Coaching License、日本サッカー協会公認A級コーチ、日本トレーニング指導者協会公 認(JATI)認定上級トレーニング指導者などのライセンスを保有する。主な教え子として、森重真人(FC東京)、槙野智章、森脇良太(浦和レッズ)などがいる。
2017年よりKJ協会顧問

一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684