コンディショニング協会会員になりませんか?

 

お父さん、お母さんと一緒に、子どもの夢中を大切に、
心と身体の強い子を一緒に応援したい

この度、当協会アンバサダーを務めさせていただきます野口大輔です。

私は5歳でサッカーを始め、中国でプロサッカー選手としての活動を含め約20年間サッカー一筋の人生を歩んできました。
引退後は育成年代の指導に関わっていますが、
私自身の経験から「体のケアに意識を向けるのは早い方がいい」と思い、
7年前に中国・上海で当協会の研修に参加させてもらいました。
講師の皆様の熱心に語られる子供に向けた身体と心のケアについての内容は、
私自身のその後の育成に対しての考え方も大きく変わりました。

成長期の子どもたちにとっては、
スポーツに打ち込む時間は貴重なもので、将来の大きな財産となります。

「ケガや故障であきらめることなく、大好きなスポーツをずっと続けさせてあげたい」

そんな想いを持って日々活動している当協会の皆様と一緒に、
社会に価値ある育成環境の創造に取り組んでいきたいと思っております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

トータルフットボールアジアとは?

トータルフットボールアジアは、1999年中国・上海を拠点に、
世界で一番子どもが育つ育成型のクラブを目指し、
「スポーツ教育」と「7つの習慣」が持つ双方の魅力で、
子どもたちを育成しています。

私たちは、世界の共通言語であるサッカーを通じて、
人生を強く生き抜く力を育成し、子どもたちの心の成長と豊かな未来を創造し続けます。

 

育成理念について

認める

一人ひとりの個性を認め、活動中に起こる全てのシチュエーションを教育の機会と捉えて指導にあたります。

 

励まし、勇気づける

成長とはトライ&エラーの繰り返しと考え、失敗してもまた勇気を持って挑戦できるように、励まし勇気づけます。

 

選択肢を与え、見守る

子どもたちが自ら考え、判断し、行動することを大切にします。

 

褒めて、自信を持たせる

成功体験を積ませ、自信を持たせることで、
いかなる環境や状況にも対応できる柔軟な姿勢と強い意志を持つ子どもを育成します。

 

野口大輔

Noguchi Daisuke

株式会社トータルフットボールアジア代表取締役
1979年神奈川県生まれ サッカー指導者/元プロサッカー選手

97年高校卒業と同時に「プロサッカー選手になるという夢を叶えるべく」中国へ渡り、「上海2000足球倶楽部」とプロ契約。
その傍らで、サッカークラブ『トータルフットボールアジア』を設立し、現地の子どもたちにサッカーを主とした教育指導を行い今に至る。会員数は1300名。教え子の総数は1万人以上。
教え子たちは、中国リーグの下部組織や、Jリーグの下部組織に入団し、活躍。中国雲南省では、元中国代表選手等と元日本代表選手等と共に、中国サッカーの国家プロジェクトにも参画し各メディアでも紹介されました。
現在、上海・東京の2拠点をベースに 日中間のサッカー界の架け橋となるべく“社会に価値ある育成環境の創造”に専念する。

一覧へ

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684