サッカースポーツ障害 オスグット・シュラッター症

サッカースポーツ障害 オスグット・シュラッター症

概要

「オスグット」とは10〜15歳くらいの成長期の年齢の子供に起こりやすい病気で正式名称は「オスグット ・シュラッター症」と言います。

これはサッカーに限らず、飛んだり跳ねたりするスポーツにも起こりうる障害です。しかし、サッカーのようにボールを蹴るスポーツでは特に多い障害と言えます。

 

痛みが出るのは主に膝の下にある脛骨、腓骨です。この下腿部にある骨の特に膝のすぐしたあたりが膨らみ痛みを伴います。

年齢的にも成長痛と同じと考えられることが多いのですが、実際は別の物です。

オスグットは関節に耐えられないほどの負荷を与え続けることで起こります。

 

一方で成長痛は、いまだに明確な原因が解明されていないのが正直なところです。

 

サッカースポーツ障害 オスグット・シュラッター症

原因

主な原因は疲労の蓄積です。

上記でも少し触れたように耐えられないような負荷を受け続けると、疲労やダメージが蓄積してしまい一定のところで限界を超えて痛みを発生させます。

海外の人は股関節を中心に使う生活をするのに対し、日本人の生活や普段の体の使い方は膝を中心に使うことで生活をします。そのため、丈夫な股関節よりも膝を酷使する生活が多くなるので痛くなるのです。

 

また、柔軟性も関係しています。

柔軟性が不足していると、筋肉が緊張している状態が続きます。そうなると、動作の中で関節が無理な角度を繰り返すなど、代償動作と呼ばれる物が生まれてしまいます。

これは本来の体の使い方とは違う、間違った体の使い方になるので体に負荷を与えていることになるのです。

また、子供の場合は頻繁に練習を行うので練習量もオスグットを引き起こす原因になるでしょう。

サッカースポーツ障害 オスグット・シュラッター症

予防と治療

基本的には「安静にすること」が大切です。いわゆる使いすぎて疲弊したことも要因としてあるので、痛みがある場合には無理に動かさずにしっかりと休養をとりましょう。

そのほかにもいくつか予防・治療方法をいくつかご紹介します。

 

・運動前のアップと運動後のストレッチ

運動前後のアップやストレッチは非常に有効です。

運動前のアップでは筋肉を無理のない方法でしっかりと温め、柔軟性を取り戻しながら急な動きにも耐えられるように筋肉にハリを持たせます。

運動後は疲弊し緊張状態にある筋肉を伸ばし、硬まっている筋肉をほぐす効果があります。

どちらも軽視できない大切なことです。

 

・湯船に浸かる

お風呂に一定時間以上浸かることは体を充分に温める効果と筋肉の疲弊回復に十分な効果があります。

 

サッカースポーツ障害 オスグット・シュラッター症

 

 

アスリートからの応援メッセージ

prev

next

PAGE TOP

050-3536-7684